日経平均は一時700円超安、約6カ月ぶり安値

24日のアメリカ市場の大幅下落を引き継ぐ

 10月25日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比414円35銭安の2万1676円83銭となり、大幅反落でスタート。その後、下げ幅を一時700円超に拡大した。写真は都内の株価ボード前で2015年10月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 25日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比414円35銭安の2万1676円83銭となり、大幅反落でスタート。その後、下げ幅を一時700円超に拡大した。日経平均は約6カ月ぶりの安値水準。

前日の米国株市場で主要3指数が大幅に下落した流れを引き継ぎ、全33業種が売られている。値下がり率上位はガラス・土石製品、電気機器、化学工業、鉄鋼など。ドル/円が111円後半と円高が進行していることも、日本株の上値を重くする要因となっているもよう。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT