日経平均は一時700円超安、約6カ月ぶり安値

24日のアメリカ市場の大幅下落を引き継ぐ

 10月25日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比414円35銭安の2万1676円83銭となり、大幅反落でスタート。その後、下げ幅を一時700円超に拡大した。写真は都内の株価ボード前で2015年10月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 25日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比414円35銭安の2万1676円83銭となり、大幅反落でスタート。その後、下げ幅を一時700円超に拡大した。日経平均は約6カ月ぶりの安値水準。

前日の米国株市場で主要3指数が大幅に下落した流れを引き継ぎ、全33業種が売られている。値下がり率上位はガラス・土石製品、電気機器、化学工業、鉄鋼など。ドル/円が111円後半と円高が進行していることも、日本株の上値を重くする要因となっているもよう。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。