日経平均は一時700円超安、約6カ月ぶり安値 24日のアメリカ市場の大幅下落を引き継ぐ

印刷
A
A
 10月25日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比414円35銭安の2万1676円83銭となり、大幅反落でスタート。その後、下げ幅を一時700円超に拡大した。写真は都内の株価ボード前で2015年10月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 25日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比414円35銭安の2万1676円83銭となり、大幅反落でスタート。その後、下げ幅を一時700円超に拡大した。日経平均は約6カ月ぶりの安値水準。

前日の米国株市場で主要3指数が大幅に下落した流れを引き継ぎ、全33業種が売られている。値下がり率上位はガラス・土石製品、電気機器、化学工業、鉄鋼など。ドル/円が111円後半と円高が進行していることも、日本株の上値を重くする要因となっているもよう。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT