レクサス新型「ES」が背負った2つの重大使命

歴史ある主力車種が「ミラーレス」で凱旋帰国

トヨタ自動車は10月24日、レクサスの新型セダン「ES」を国内向けに発売した。サイドミラーをカメラに置き換えた電子ミラーの採用は量産車として世界初(撮影:大澤誠)

サイドミラーの“ミラーレス車”が登場――。

レクサスの新型「ES」のデジタルアウターミラー。最上級グレードにオプションとして設定した(撮影:大澤誠)

トヨタ自動車は10月24日、車のサイドミラーをカメラに置き換えた電子ミラー「デジタルアウターミラー」を世界で初めて量産車に採用した新型車を発売すると発表した。

同日から国内で発売した新型高級セダン「レクサスES」の最上級グレード車にオプションとして設定。ミラーレス車は電動化や自動運転など次世代車の競争力にもつながる技術で、トヨタは世界に先駆けてアピールしたい考えだ。

夜間や雨天時に威力を発揮

デジタルアウターミラーは電子ミラーの一種で、従来のサイドミラーを小型カメラに置き換えたことが特徴だ。フロントドアドア外側にデジタルカメラ内蔵の小型ユニットを配置し、そのカメラで撮影した車両の左右後方の映像を、運転席と助手席それぞれの窓側に置いた5インチのディスプレーに表示する仕組みだ。

デジタルアウターミラーでは、雨天時でもクリアな視界を確保できる(写真:トヨタ自動車)

これまでの光学ミラーと比べたメリットは、死角を少なくでき、広くはっきりとした視野を確保できることだ。特に夜間や雨天時などに力を発揮する。夜間走行のときは自動で明るさを調整することで視認性が高まる。

カメラ部分は水滴を付着しにくくし、ヒーターも内蔵しているため、曇りや雨天時でも見やすい。さらにドライバーは室内ディスプレーで確認するため、サイドウィンドウが濡れて、サイドミラーそのものが運転席から見えにくいということもなくなる。

次ページほかにもあるミラーレスのメリットとは?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。