iPhoneXRが間違いなく「買い」だと言えるワケ

実際に使ってわかった上位モデルとの違い

そのため、人以外の被写体を認識しなかったり、ステージ照明が利用できないといった制限があるが、実際に使ってみると、むしろiPhone XSよりもよい結果が得られるという感想を持った。

機械学習処理のアシストによって、これまで2つのカメラで撮影してきたポートレート撮影を、1つのカメラで実現した。センサーはiPhone XSと同じだが、レンズとアルゴリズムは新設計だという(筆者撮影)

広角の明るいf1.8のレンズを使うため、よりたくさんの光を集め、やや暗い環境でもポートレートモードをより明るく撮影することができる。5人のグループショットでもうまく動作した。

たとえば、普段からポートレートモードに設定しておき、人が写れば背景がボケる、そうでなければ通常の写真、という使い方が便利ではないだろうか。

「6色」の豊富なカラー展開

iPhone XRは価格を抑えるというゴールを逆手にとって、その制約の中でカメラ機能などをより洗練させ、メリットすら作り出している。

加えて、カラフルな展開もまた、iPhone XRの制限の中から生まれたメリットだ。ステンレススチールの代わりにアルミニウムを採用したが、ガラスと色をマッチさせるとき、光沢がないアルミのほうが、背面のガラスのカラーをより鮮やかに表現することができていた。

レビューしたiPhoneはブラックだったが、これにホワイトを加えたベーシックなカラー、そしてブルー、イエロー、レッドという原色系、コーラルというオレンジやピンクのようなカラーが加わった6色展開だ。

今までのiPhoneは、多くて4色の展開が用意され、これにモデル後半でPRODUCT(RED)モデルが追加されるパターンが続いてきた。しかしiPhone XRはよりはっきりした個性的な選択が迫られる。どの色にするか悩む人も多いだろう。

iPhone XRを多色展開したのは、アップルがiPhone XRがこれまで以上に販売の軸になると見据えてのことだろう。より多くの色を用意し、同じデバイスでありながら個性を発揮できる点を強調したからだ。

賑わう夕暮れのバークレー市「グルメ・ゲトー」をiPhone XRで撮影(筆者撮影)

何色を選ぶのかから始まり、どの色のケースを付けるのか、あるいは“裸”でいくのか。色を決めてからもその使い方やコーディネートの膨大なバリエーションを楽しむことになるだろう。

iPhone XRに触れる前、上位モデルであるiPhone XS、iPhone XS Maxを1カ月ほど試してきた。そのため、iPhone XRのレビューに臨む際、先月から触れているiPhone XSシリーズとの比較を迫られたのは事実だ。

しかし、レビュー機が特徴が薄いブラックで、価格を優先しiPhone XSシリーズと比べて数々の機能やスペックが削られたことを考慮しても、より積極的に選べる存在と結論づけることができる。

確かに有機ELではない液晶ディスプレー、1つのカメラはiPhone XSに見劣りする。しかしiPhone 8から乗り換えるという視点に立つと、画面の細かさを保ちながらディスプレーは大きく拡大し、またこれまで1つのカメラで実現してこなかったポートレートモードまで備えた。

映像を見てみれば、より拡大されたディスプレーサイズ以上に、迫力あるステレオ再生に驚かされるばかりだ。

iPhone XRは、価格による妥協の選択ではなく、むしろ積極的に選べる、そんな1台となっている。「XR」という名前は、自動車のスペシャルモデルにインスパイアされたというが、日本語的にはむしろ、スタメンを張る「レギュラー(Regular)」の「R」がふさわしいのではないか、と感じた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。