アドビ「働き方を変える」新しいアプリの正体

「体験のデザイン」が共通言語となる近未来

アメリカ時間10月15日、Adobe MAX基調講演でAdobe XDについて紹介するCreative Cloud担当エグゼクティブバイスプレジデント兼最高製品責任者(CPO)のスコット・ベルスキー氏(筆者撮影)

アドビはアメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルスでアメリカ時間10月15~17日、クリエーティブの祭典「Adobe MAX 2018」を開催した。世界各国からユーザー1万4000人が集まり、アドビの最新ソフトウエアとこれによって発揮される未来のクリエーティビティについて語らった。

アドビは、PhotoshopやIllustrator、Premiereなど、業界標準的なクリエーティブアプリの企業として知られている一方で、ビジネスの分野ではデジタル文書のソリューションやデジタルマーケティングソリューションでもトップランナーとなっている。

クリエーティブアプリのサブスクリプション化は、業界のトレンドを決めるインパクトを与える成功事例であり、3年前に同じロサンゼルスで開催したときの倍の規模に成長したAdobe MAXが、何よりもその証拠と言える。

今年のAdobe MAXではさまざまなニュースがあり、特にApple iPad向けに、30年来のクリエーティブアプリPhotoshopの完全版が提供されることもその1つだったが、より大きなビジョンが明確になった。

Adobe XDが将来の「核」となる

アドビでCreative Cloud担当エグゼクティブバイスプレジデント兼最高製品責任者(CPO)を務めるスコット・ベルスキー氏はインタビューで、「Adobe XDが製品群のコアであるだけでなく、未来の製品のコアとなる」との考えを示した。

Adobe XDは、体験デザインのためのツールで、アドビのクリエーティブ製品群の中では最も新しい領域のアプリだ。

スマートフォン向けアプリを作る際、アプリを開き、ログインし、メニューが現れ、機能を呼び出し、やりたいことを実行する、といった手順がある。その手順ごとに、わかりやすい情報や操作を提示していく必要がある。これを作ることができるツールがAdobe XDだ。

次ページAdobe XDとはどのようなアプリなのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 家族会議のすすめ
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界のエリートは<br>なぜ哲学を学ぶのか

この世界はどこへ向かおうとしているのか。難問に立ち向かうためにエリートたちが頼りにし始めたのが哲学だ。ビジネスの現場でも使える最新哲学入門。今日から使える10の哲学用語解説と、今読むべき哲学本20冊の紹介も。