米国株式市場、ハイテク株主導で大幅安

長期金利上昇、ナスダックは4%超下落

 10月10日、米国株式市場は下落して取引を終えた。S&P500総合は2月8日以来の大幅安となった。ニューヨーク証券取引所で撮影(2018年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 10日 ロイター] - 米国株式市場は下落して取引を終えた。S&P500総合は2月8日以来の大幅安となった。米債利回りの上昇を背景にリスク選好度が低下する中、ハイテク株を中心に売られた。

堅調な経済指標を受け、向こう1年にわたり米連邦準備理事会(FRB)の利上げが続くとの観測を背景に、米長期金利はこの日上昇した。

米中貿易摩擦が企業業績への打撃になるとの見方や、フロリダ州に上陸したハリケーン「マイケル」による影響が相場を圧迫した。

ナスダックの下げは2016年6月24日以来の大きさとなった。

S&P500総合指数は3.3%下落。9月20日の過去最高の終り値からは4.95%下げている。

ダウ工業株30種、S&P500総合、ナスダック総合は全て、8月30日から10月3日までの間に過去最高値をつけている。

アリアンツ・グローバル・インベスターズの米投資ストラテジスト、モナ・マハジャン氏は、株価は再び上昇局面に入る前に、過去最高値から最大10%下げる可能性があるとの見方を示した。

さらに「金利は上昇局面にあり、最終的には住宅ローンや自動車・学生ローンの金利という形で実体経済に波及する可能性があるということを市場は消化している」と指摘。この日の相場の動きは、より低い成長に向けた調整だとの見方を示した。

S&P情報技術指数<.SPLRCT>は4.8%安。アップル<AAPL.O>が4.6%下げ、同指数を最も圧迫した。

S&P通信サービス<.SPLRCL>、S&P一般消費財<.SPLRCD>、S&Pエネルギー<.SPNY>、S&P工業<SPLRCI>は全て3%超下げた。

投資家の不安心理の度合いを示すボラティリティー・インデックス(VIX指数)<.VIX>はこの日約7ポイント上昇し22.96を記録。4月11日以降で初めて20ポイントを上回り、4月2日以来の高水準で終了した。

ほぼ全てのセクターが大幅安となるなか、S&P公益事業<.SPLRCU>は0.5%安と、小幅な下げにとどまった。

ニューヨーク証券取引所では値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を7.27対1の比率で上回った。ナスダックでは7.05対1で値下がり銘柄数が多かった。

S&P総合500種構成銘柄をみると、12銘柄が52週高値を更新し、47銘柄が新安値を付けた。

ナスダック総合構成銘柄では12銘柄が新高値を更新し、227銘柄が新安値を付けた。

米取引所の合算出来高は98億6000万株。直近20営業日の平均は74億2000万株。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 25598.74 -831.83 -3.15 26441.7 26441. 25593. <.DJI>

3 73 65

前営業日終値 26430.57

ナスダック総合 7422.05 -315.97 -4.08 7694.08 7701.2 7420.5 <.IXIC>

0 6

前営業日終値 7738.02

S&P総合500種 2785.68 -94.66 -3.29 2873.90 2874.0 2784.8 <.SPX>

2 6

前営業日終値 2880.34

ダウ輸送株20種 10550.92 -445.16 -4.05 <.DJT>

ダウ公共株15種 739.54 -3.44 -0.46 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1242.10 -58.05 -4.46 <.SOX>

VIX指数 22.77 +6.82 +42.76 <.VIX>

S&P一般消費財 862.00 -33.51 -3.74 <.SPLRCD>

S&P素材 340.13 -8.85 -2.53 <.SPLRCM>

S&P工業 632.51 -22.77 -3.47 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 549.13 -7.08 -1.27 <.SPLRCS>

S&P金融 451.98 -14.17 -3.04 <.SPSY>

S&P不動産196.48 -3.21 -1.61 <.SPLRCRE

C>

S&Pエネルギー 556.04 -20.68 -3.59 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 1067.15 -25.93 -2.37 <.SPXHC>

S&P通信サービス 150.28 -6.17 -3.94 <.SPLRCL>

S&P情報技術 1220.62 -61.16 -4.77 <.SPLRCT>

S&P公益事業 274.03 -1.47 -0.53 <.SPLRCU>

NYSE出来高 11.23億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物12月限 ドル建て 22835 - 695 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物12月限 円建て 22800 - 730 大阪比 <0#NIY:>

関連記事
トピックボードAD
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。