米国株、ダウ小幅高もナスダックは続落

世界経済減速懸念、ディフェンシブ買われる

 10月8日、米国株式市場では、ナスダック総合株価指数が3日続落となった。ニューヨーク証券取引所で3日撮影(2018年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 8日 ロイター] - 米国株式市場では、ナスダック総合株価指数が3日続落となった。中国株の売りを背景に世界経済の成長減速懸念が高まっている。一方S&P総合500<.SPX>は、一時の下げから戻しほぼ横ばいで引けた。

国慶節の連休明けとなる8日の中国株式市場は大幅下落した。中国人民銀行(中央銀行)が週末に景気支援策として預金準備率の引き下げを発表したことは支援材料とならず、売りが膨らんだ。

ナスダックとS&P総合500で下げが特にきつかったのは、マイクロソフト<MSFT.O>(1.1%安)とアドビ・システムズ<ADBE.O>(3.2%安)。

一方、ディフェンシブ株は買われ、S&P公益事業<.SPLRCU>、S&P主要消費財<.SPLRCS>、S&P不動産<.SPLRCR>は、S&Pの主要セクターの中でも上げが目立った。

グーグルの親会社アルファベット<GOOGL.O>は1%安。

グーグルは、最大50万件の「Google+(グーグルプラス)」アカウントのプロフィールがバグ(脆弱性、不具合)の影響を受けた恐れがあり、コンシューマー向けのグーグルプラスを閉鎖したことを明らかにした。

米ゼネラル・エレクトリック(GE)<GE.N>は6営業日連続で上昇し、3.3%高で引けた。同社は、10億ドル相当のエネルギー投資ポートフォリオをアポロ・グループ・マネジメント<APO.N>に売却すると発表した。

ニューヨーク証券取引所では値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を1.06対1の比率で上回った。ナスダックでは1.45対1で値下がり銘柄数が多かった。

S&P総合500種構成銘柄をみると、8銘柄が52週高値を更新し、23銘柄が新安値を付けた。ナスダック総合構成銘柄では17銘柄が新高値を更新し、138銘柄が新安値を付けた。

米取引所の合算出来高は69億3000万株。直近20営業日の平均は72億2000万株。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 26486.78 +39.73 +0.15 26399.45 26529.35 26223.09 <.DJI>

前営業日終値 26447.05

ナスダック総合 7735.95 -52.50 -0.67 7747.10 7797.32 7654.84 <.IXIC>

前営業日終値 7788.45

S&P総合500種 2884.43 -1.14 -0.04 2877.53 2889.45 2862.08 <.SPX>

前営業日終値 2885.57

ダウ輸送株20種 11203.90 -2.87 -0.03 <.DJT>

ダウ公共株15種 739.56 +5.83 +0.79 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1301.00 -14.84 -1.13 <.SOX>

VIX指数 15.69 +0.87 +5.87 <.VIX>

S&P一般消費財 897.55 +0.36 +0.04 <.SPLRCD>

S&P素材 361.25 -0.03 -0.01 <.SPLRCM>

S&P工業 665.32 +1.25 +0.19 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 557.28 +7.39 +1.34 <.SPLRCS>

S&P金融 467.76 +2.69 +0.58 <.SPSY>

S&P不動産 198.94 +2.59 +1.32 <.SPLRCREC>

S&Pエネルギー 571.09 -0.27 -0.05 <.SPNY>

S&Pヘルスケア1090.49 -1.83 -0.17 <.SPXHC>

S&P通信サービス156.73 -0.23 -0.14 <.SPLRCL>

S&P情報技術 1277.25 -15.26 -1.18 <.SPLRCT>

S&P公益事業 274.34 +2.10 +0.77 <.SPLRCU>

NYSE出来高 8.25億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物12月限ドル建て 23655 - 165 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物12月限 円建て 23625 - 195 大阪比 <0#NIY:>

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
崖っぷちに立つ大塚家具<br>久美子社長ロングインタビュー

父と娘が繰り広げた「お家騒動」の末、業績は悪化の一途。人材流出も止まらない。ファンドからの出資を得たが、運転資金は風前の灯だ。背水の陣を敷く大塚久美子社長の胸中やいかに。4ページのインタビューで、その強固な「信念」が語られる。