不登校の理由を「わからない」と言う子の本心

大人にとっての「それぐらい」が心底しんどい

(画像:不登校新聞)

今だから話せる作者・りゃこのつぶやき

カゼを引いたのをきっかけに、緊張していた自分のなかの糸が切れ「もうがんばれない、学校に行きたくない」と強く思うようになりました。

当記事は不登校新聞の提供記事です

驚いた親は理由を知りたがるのですが、ハッキリした理由がないので、尋ねられても「わからない」と答えていました。そして、適当な言葉が出てこない自分にもどかしさも感じていました。

でも、もしかしたら……「音がしんどい」と言うと「学校はそういうところだ」。「みんなと決まったことをするのが苦手」と言うと「それぐらいで?」と言われるのが怖かったのかもしれません。そう感じない人にとっては「それぐらい」のことでも、私にとってはすごくエネルギーを要することでした。

うまい言葉が見つからない、言っても理解されないかもしれない……、今思い返せば、それらをひっくるめて「わからない」と言っていたように思います。(りゃこ)

不登校の関連記事
不登校の親3人が語る わが子の不登校どう向き合ったか
「対話の契機に」山田潤さんに聞く【不登校50年/公開】
ひたすらゲームばかり そんな子の心を覗いてみたら
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
崖っぷちに立つ大塚家具<br>久美子社長ロングインタビュー

父と娘が繰り広げた「お家騒動」の末、業績は悪化の一途。人材流出も止まらない。ファンドからの出資を得たが、運転資金は風前の灯だ。背水の陣を敷く大塚久美子社長の胸中やいかに。4ページのインタビューで、その強固な「信念」が語られる。