鹿島、労務費高騰で利益なき繁忙

受注高は増額、営業利益は減額

だが、建築部門については機械化といっても限界がある。型枠工などの技能労働者の育成には時間がかかり、すぐに人手を確保できない。それだけに、技能別にみると人件費がかなり高騰している分野もあるという。だが案件は多い。また、競争も激しい中で、労務費高騰をどの程度織りこんで、見積もりを出していくか。この点が、今後の受注に大きく影響していく。

すでに公共事業では社会保険などの経費も上積みした労務費を前提にした発注の動きがある一方で、応札ゼロという案件も散見される。また、民間の大型工事ではどのゼネコンに見積もりを出させても、工事費が高く、設備投資を断念する企業もあったという。人手不足をどう解消していくか、建設現場の効率化をどう進めていくのか。一企業や建設業界だけの問題にとどまらないが、労務費は当面、ゼネコン各社の収益圧迫要因になっていきそうだ。
 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT