鹿島、労務費高騰で利益なき繁忙

受注高は増額、営業利益は減額

だが、建築部門については機械化といっても限界がある。型枠工などの技能労働者の育成には時間がかかり、すぐに人手を確保できない。それだけに、技能別にみると人件費がかなり高騰している分野もあるという。だが案件は多い。また、競争も激しい中で、労務費高騰をどの程度織りこんで、見積もりを出していくか。この点が、今後の受注に大きく影響していく。

すでに公共事業では社会保険などの経費も上積みした労務費を前提にした発注の動きがある一方で、応札ゼロという案件も散見される。また、民間の大型工事ではどのゼネコンに見積もりを出させても、工事費が高く、設備投資を断念する企業もあったという。人手不足をどう解消していくか、建設現場の効率化をどう進めていくのか。一企業や建設業界だけの問題にとどまらないが、労務費は当面、ゼネコン各社の収益圧迫要因になっていきそうだ。
 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT