年の差婚を叶える「国際結婚」に潜む問題点

なぜ結婚した女性が突然いなくなるのか

「夜、一緒に外を歩いていて、人気がない路地があったりすると、そこに入っていって体中をなでるように触られたよ。最初はすごくびっくりしたし、それがすごく嫌で、だんだん一緒に出掛けたくなくなった」

また、31歳のフィリピン人女性が50歳男性と結婚したのだが、夜の生活がどうしても嫌で1カ月で、家を飛び出してしまった。

「男は、年だからすぐに終わっちゃう。そうするとなぜかわからないけど、私の体をツネるね。それが痛くて本当に嫌だったよ」

同世代の日本人同士でも性の不一致は問題になるが、年の差があると、さらに深刻だ。

3つ目は、男性たちがケチであること。高い成婚料を払えるのだから、お金は持っているのだ。ただ、まじめ一徹で仕事をしてきた男性たちは、これまで女性におごったり、プレゼントをしたり、女性が喜ぶためのお金を使ったことがない。

2年で離婚をした中国人女性が、こんなことを言っていた。

「外にご飯を食べに行って、メニューを見て、『これが食べたい』と言うと、『これは高いからダメ』って言われる。買い物に行って、おいしそうな総菜をカゴに入れると、『これは高いから』と、棚に戻されちゃう。すごいケチだった」

単価が高くないファミレスや格安スーパーでも、それをするという。また、男性の中には、財布やカードは自分が握り、中高生の小遣い程度の現金しか女性に渡さない人もいる。

女性を楽しませることができない。苦痛なセックスを強いられる。お金が自由に使えない。これでは、女性たちが逃げていくのも無理がないのではないか。

ただ、これは女性側からの声であって、男性側にも言い分はあるだろう。

また中には、日本で生活したいがために、ビザ取得を目的とした腰掛けの結婚をもくろんでいる、したたかな女性がいるのも現実だ。

国籍が違うからこそ、しっかり向き合うことが大事

私は面談で周平に、国際結婚にまつわるこれらの話をした。

周平とチョウのケースは、大した年の差もないし、男性が女性の成婚料を払う国際結婚ではない。そして、女性が日本社会の中で仕事をして自立した生活をしているので、上記のケースは当てはまらないかもしれない。

しかし、言葉、文化、考え方の違いは乗り越えなくてはいけない壁だろう。

周平は、私に言った。

「お話を聞いて腑に落ちました。いろいろな問題点はあるかもしれませんが、それを補い合いながら、チョウさんとはこれからも真摯に向き合ってみます」

そして最後に、茶目っ気たっぷりに、こんなことも言った。

「再婚した母が、『相手がケチだ』といつも嘆いているんです。古今東西、ケチな男は国を問わず女性から嫌われるんですね。僕は、そんなにお金を持っているほうじゃないけど、ケチにならないように気をつけます(笑)」

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT