新Apple Watch、使ってわかった飛躍的進化

AIが安全や健康をもたらしてくれる

9月12日のスペシャルイベントでアップルは「Apple Watch Series 4」を発表した(筆者撮影)

アップルは9月21日に、第4世代となるスマートウォッチ「Apple Watch Series 4」を発売する(参考記事:新Apple Watchが遂げた驚異的進化の全貌)。これに先立ち、既存のモデルでも利用できるwatchOS 5も無料でダウンロード可能となった。

Apple WatchはiPhoneと組み合わせて利用する製品でありながら、スマートウォッチカテゴリだけでなく、世界の腕時計の売上高でも1位となった。機械式時計の価格はApple Watchの10倍前後も一般的であるため、 Apple Watchの販売本数が極めて多いことがわかる。

そんなApple Watchは、Series 4で初めてのデザイン変更が施されたが、最も重大な変更点は、iPhoneで動作するiOS 12とアプリにあった。

30%以上拡大したオールスクリーン

Apple Watchはこれまで、38ミリ、42ミリという2つのサイズで展開されてきた。ケースにはアルミニウム、ステンレススチール、18金もしくはセラミックが用意されてきたが、Apple Watch Series 4では新たな40ミリと44ミリの2つのサイズ、アルミとステンレスの2つの素材のみが用意された。

ケースのサイズの拡大以上に、ディスプレーサイズはより大きくなった。わかりやすく言えば、これまで42ミリを使っていた人は、40ミリにサイズダウンしても、同じような画面を得ることができるほどだ。その秘密はiPhone X同様、オールスクリーンと呼ばれる端から端まで敷き詰められた縁なしのディスプレーにある。

Apple Watch Series 4 44ミリ スペースグレー。ボディの拡大はわずかで、薄型化が非常に目立ち、装着感も非常に軽快となった。背面のデザインは、通信の安定性と心電図に対応するため、セラミックとサファイアガラスとなった(筆者撮影)

iPhoneのように角は丸くなり、ケースの形状を反映するようになった。そのため、炎や液体金属、煙幕、万華鏡などのパターンを表示する文字盤も、端まで美しく表示され、デザイン上の引っかかりもなくなる。ちなみに炎・液体金属・煙の文字盤は実写で撮影されたものであり、万華鏡も毎回パターンが変わるようアルゴリズムが組まれている。

またSeries 4向けに用意された新しいフェイス「Infograph」は、最大9つのコンプリケーションを配置することができ、スマートウォッチらしい情報リッチな文字盤を自分で作ることができる。しかも、文字盤の外側に配置したコンプリケーションには、弧を描いたグラフを表示することもでき、情報の視認性を高めてくれる。

シンプルなフェイスとInfographは、どちらもApple Watch Series 4の縁まで敷き詰めた、拡大されたオールスクリーンを生かす機能と言える。

次ページ「AI」を手首にまとう
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT