新Apple Watch、使ってわかった飛躍的進化

AIが安全や健康をもたらしてくれる

9月12日のスペシャルイベントでアップルは「Apple Watch Series 4」を発表した(筆者撮影)

アップルは9月21日に、第4世代となるスマートウォッチ「Apple Watch Series 4」を発売する(参考記事:新Apple Watchが遂げた驚異的進化の全貌)。これに先立ち、既存のモデルでも利用できるwatchOS 5も無料でダウンロード可能となった。

Apple WatchはiPhoneと組み合わせて利用する製品でありながら、スマートウォッチカテゴリだけでなく、世界の腕時計の売上高でも1位となった。機械式時計の価格はApple Watchの10倍前後も一般的であるため、 Apple Watchの販売本数が極めて多いことがわかる。

そんなApple Watchは、Series 4で初めてのデザイン変更が施されたが、最も重大な変更点は、iPhoneで動作するiOS 12とアプリにあった。

30%以上拡大したオールスクリーン

Apple Watchはこれまで、38ミリ、42ミリという2つのサイズで展開されてきた。ケースにはアルミニウム、ステンレススチール、18金もしくはセラミックが用意されてきたが、Apple Watch Series 4では新たな40ミリと44ミリの2つのサイズ、アルミとステンレスの2つの素材のみが用意された。

ケースのサイズの拡大以上に、ディスプレーサイズはより大きくなった。わかりやすく言えば、これまで42ミリを使っていた人は、40ミリにサイズダウンしても、同じような画面を得ることができるほどだ。その秘密はiPhone X同様、オールスクリーンと呼ばれる端から端まで敷き詰められた縁なしのディスプレーにある。

Apple Watch Series 4 44ミリ スペースグレー。ボディの拡大はわずかで、薄型化が非常に目立ち、装着感も非常に軽快となった。背面のデザインは、通信の安定性と心電図に対応するため、セラミックとサファイアガラスとなった(筆者撮影)

iPhoneのように角は丸くなり、ケースの形状を反映するようになった。そのため、炎や液体金属、煙幕、万華鏡などのパターンを表示する文字盤も、端まで美しく表示され、デザイン上の引っかかりもなくなる。ちなみに炎・液体金属・煙の文字盤は実写で撮影されたものであり、万華鏡も毎回パターンが変わるようアルゴリズムが組まれている。

またSeries 4向けに用意された新しいフェイス「Infograph」は、最大9つのコンプリケーションを配置することができ、スマートウォッチらしい情報リッチな文字盤を自分で作ることができる。しかも、文字盤の外側に配置したコンプリケーションには、弧を描いたグラフを表示することもでき、情報の視認性を高めてくれる。

シンプルなフェイスとInfographは、どちらもApple Watch Series 4の縁まで敷き詰めた、拡大されたオールスクリーンを生かす機能と言える。

次ページ「AI」を手首にまとう
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT