「仕事だけの男」と「使えない女」の不毛な関係

男性は妻子を養う重圧から解放されていい

やったことのない、得意でないことをするのは誰でも最初は少しおっくうです。

でも今のシステムが持続可能でないのは、総論としてはみんなわかっています。このままでは日本の生産性はずるずる落ちていき、若者は結婚せず、子どもは減る一方です。

働き方改革、長時間労働の削減が日本経済の生産性を上げ、女性の労働参画を進め、世帯収入を上げ、男性の職業移動の自由を増すのです。今までの長時間労働スタイルを変えることで、日本の職場は活性化します。

短い時間で結果を出そうとすれば当然、効率的に仕事を進めようと会社も従業員も考えるでしょう。無駄な仕事をどんどん削減しよう、やったほうがいいけれど効率の悪いことはやめようと価値観が変わるでしょう。また仕事以外の暮らしの世界を知ることは新しい発想を生む刺激になります。

「嫁ブロック」からも解放されていい

また男性が転職したい、起業したいと思っても専業主婦の妻が「ヨメブロック」する、あるいは夫が妻子を養う扶養責任を考えてあきらめることが減ります。妻がそれなりの収入を得ていれば妻子を養う重圧から男性は解放され、選択の自由度が増すのです。

その結果、生産性の低い分野から生産性の高い成長分野への労働移動が起こりやすくなります。ほかにも勉強する時間が取れる、心身が健康になり自身の活力が維持できる、結婚するためのデートの時間が取れる、などなどの効果も期待できます。

男性が仕事以外にすることがある、職場で時間内に結果を出す働き方をしなければならない。そうした環境は、日本の経済を活性化させるのです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT