関数は呪文!働き方を変えるエクセルの魔法

作業時間にすさまじい差が生まれる

日付や曜日、連番のデータなどをすべて都度、入力していませんか? これは遅いだけでなくミスの温床になります。特に英語で月名や曜日名などを入力する場合にはスペルミスが起きやすく、指摘されると恥ずかしいものです。「No1」や「1月」など数字と文字が組み合わさっていてもオートフィルを使えば連続データがラクラク&ミスなく入力できます。

オートフィルは使いこなしている方も多いと思いますが、さらに高性能なのがフラッシュフィル。関数を使ってもいいのですが、姓と名を分ける場合やメールアドレスのドメインだけを抜き出す場合などルールが違うと毎回違う関数を使う必要があります。オートフィルならデータの規則性をエクセルが考えていい感じで賢くやってくれます。

関数は魔法の呪文だと考える

『Excel時短はじめました!』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

関数というと「よくわからない、苦手……」という声がよく聞こえてきます。わかります。数学みたいでちょっととっつきにくいですよね。でも関数=魔法の呪文と考えてみると何だかワクワク感が湧いてきませんか? この呪文……じゃなくて関数はどれくらいあるかというと何と500近くあります。すべて覚える必要はまったくありませんが、10個覚えるだけでもデータを扱う速度と正確さはまったく違います。

試しに呪文風に関数がやってくれることを紹介してみましょう。

■文字よ!美しく! (PROPER関数)
■売上を四捨五入!(ROUND関数)
■今日の日付と時刻を表示せよ!(DATE関数・TIME関数)
■購入金額に応じて割引率を変えて!(IF関数)
■この条件を満たす人が何人いるか数えよ!(COUNTIF関数)
■去年の平日に何人の来場者がいたか教えて!(SUMIF関数)
■商品の名前を教えて!(VLOOKUP関数)
■エラーだったら消しといて!(IFERROR関数)

いずれもデータの数が少なければ魔法に頼らずともできそうな気もしますね。しかし数式を入力したり、並べ替えて数えてみたり、手入力で何とかなるのはデータが少ないときだけです。ミスをゼロにするチェックの時間もばかになりません。いくつか時短につながる関数をご紹介します。

次ページ「この条件を満たす人が何人いるか数えよ!」の呪文
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 静かなる熱狂
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。