関数は呪文!働き方を変えるエクセルの魔法

作業時間にすさまじい差が生まれる

日付や曜日、連番のデータなどをすべて都度、入力していませんか? これは遅いだけでなくミスの温床になります。特に英語で月名や曜日名などを入力する場合にはスペルミスが起きやすく、指摘されると恥ずかしいものです。「No1」や「1月」など数字と文字が組み合わさっていてもオートフィルを使えば連続データがラクラク&ミスなく入力できます。

オートフィルは使いこなしている方も多いと思いますが、さらに高性能なのがフラッシュフィル。関数を使ってもいいのですが、姓と名を分ける場合やメールアドレスのドメインだけを抜き出す場合などルールが違うと毎回違う関数を使う必要があります。オートフィルならデータの規則性をエクセルが考えていい感じで賢くやってくれます。

関数は魔法の呪文だと考える

『Excel時短はじめました!』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

関数というと「よくわからない、苦手……」という声がよく聞こえてきます。わかります。数学みたいでちょっととっつきにくいですよね。でも関数=魔法の呪文と考えてみると何だかワクワク感が湧いてきませんか? この呪文……じゃなくて関数はどれくらいあるかというと何と500近くあります。すべて覚える必要はまったくありませんが、10個覚えるだけでもデータを扱う速度と正確さはまったく違います。

試しに呪文風に関数がやってくれることを紹介してみましょう。

■文字よ!美しく! (PROPER関数)
■売上を四捨五入!(ROUND関数)
■今日の日付と時刻を表示せよ!(DATE関数・TIME関数)
■購入金額に応じて割引率を変えて!(IF関数)
■この条件を満たす人が何人いるか数えよ!(COUNTIF関数)
■去年の平日に何人の来場者がいたか教えて!(SUMIF関数)
■商品の名前を教えて!(VLOOKUP関数)
■エラーだったら消しといて!(IFERROR関数)

いずれもデータの数が少なければ魔法に頼らずともできそうな気もしますね。しかし数式を入力したり、並べ替えて数えてみたり、手入力で何とかなるのはデータが少ないときだけです。ミスをゼロにするチェックの時間もばかになりません。いくつか時短につながる関数をご紹介します。

次ページ「この条件を満たす人が何人いるか数えよ!」の呪文
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT