凶悪殺人犯と対峙しても何とか生き残る方法

自衛隊「特殊部隊」創設者が徹底解説

凶悪事件に遭遇したとき、生き残るためにはどうしたらいいだろうか?(写真:BrianAJackson / iStock)

2018年6月は、凶悪な殺人事件が立て続けに発生した。

6月9日には東海道新幹線内で、男性がナタで切りつけられ亡くなった。見知らぬ女性に、突如襲いかかった犯人を制止しようとした結果であった。同月24日には、福岡市内でIT関係の講師が、路上で殺された。胸と背中を何度も刺され、亡くなってしまった。

さらにその2日後、26日には、富山市内で交番の警察官が襲われ、拳銃を奪われた。犯人は、その拳銃で警察官とたまたま付近に居合わせた人に向けて発砲し、2人を殺害した。

凶悪事件が起きたとき、どんな行動を取るべきか

私が元特殊部隊員であるからか、この手の事件が起きると、知人、友人をはじめ、テレビや新聞等のマスコミ関係者から、「あのときは、どうすればよかったのですか?」という質問を多く受ける。

当然ながら、私が正解を知っているということではないし、そもそも正解、不正解という、数学の解答のように〇×がつく問題でもない。

だから私は、自分がその場にいたらどのような思考過程を経て、どんな行動を起こすかについてお話しするようにしている。

状況をいくつかのポイントで分析し、取るべき行動を決定していくが、その過程を細かく説明してみる。

【パート1】思考過程編

このいくつかのポイントというのも、私があみ出したものではない。私の知る限りどこの国の軍隊(軍隊だけでもない)も似たようなものを持っている。

次ページポイントを順に整理すると
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。