全米女子、大坂なおみが日本人初の準決勝へ

「良いプレーができて、とても嬉しい気持ち」

 9月5日、テニスの四大大会最終戦、全米オープンはニューヨークで女子シングルス準々決勝を行い、大坂なおみ(写真)がレシア・ツレンコを6─1、6─1で下して日本人初の4強進出を決めた(2018年 ロイター/Danielle Parhizkaran-USA TODAY SPORTS)

[ニューヨーク 5日 ロイター] - テニスの四大大会最終戦、全米オープンは5日、ニューヨークで女子シングルス準々決勝を行い、第20シードの大坂なおみがレシア・ツレンコ(ウクライナ)を6―1、6―1で下して日本人初の4強進出を決めた。

大坂はわずか57分で勝利をものにし、日本人女子としては1996年のウィンブルドン選手権で伊達公子が達成して以来の四大大会ベスト4入りとなった。

試合後のコートサイドインタビューで大坂は「良いプレーができて、とても嬉しい気持ち」と述べた。

一方のツレンコは「不運なことに大会中、多くの健康的な問題を抱えていて、今日は完全に私の日ではなかった。調子が良くなかった」と述べた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT