全米女子、大坂なおみが日本人初の準決勝へ

「良いプレーができて、とても嬉しい気持ち」

 9月5日、テニスの四大大会最終戦、全米オープンはニューヨークで女子シングルス準々決勝を行い、大坂なおみ(写真)がレシア・ツレンコを6─1、6─1で下して日本人初の4強進出を決めた(2018年 ロイター/Danielle Parhizkaran-USA TODAY SPORTS)

[ニューヨーク 5日 ロイター] - テニスの四大大会最終戦、全米オープンは5日、ニューヨークで女子シングルス準々決勝を行い、第20シードの大坂なおみがレシア・ツレンコ(ウクライナ)を6―1、6―1で下して日本人初の4強進出を決めた。

大坂はわずか57分で勝利をものにし、日本人女子としては1996年のウィンブルドン選手権で伊達公子が達成して以来の四大大会ベスト4入りとなった。

試合後のコートサイドインタビューで大坂は「良いプレーができて、とても嬉しい気持ち」と述べた。

一方のツレンコは「不運なことに大会中、多くの健康的な問題を抱えていて、今日は完全に私の日ではなかった。調子が良くなかった」と述べた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。