ウーバーは「悪者」イメージを払拭できるか

「空飛ぶタクシー」で描く未来の新戦略

ウーバーが“空飛ぶタクシー”事業で活用を想定する「スカイポート」のイメージ(画像:Uber)

ウーバーが、東京の空で新たな挑戦を始める。8月30日、配車サービス大手の米ウーバー・テクノロジーズが、“空飛ぶタクシー”とも呼ばれる航空事業「ウーバー・エレベート」の事業説明会を開いた。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

将来の実験拠点として、アメリカ国内で決定済みのダラスやロサンゼルス以外に、東京を含む日本のほか、オーストラリア、ブラジル、インド、フランスの5カ国が候補地に挙がっていることが発表された。

説明会のために多くのウーバー幹部が来日。彼らはプレゼンやあいさつ、質疑などのさまざまな場面で、「Japan is important.(日本は重要な市場だ)」と口をそろえた。

“空飛ぶタクシー”は実現するか

ウーバー・エレべートの仕組みはこうだ。スカイポートと呼ばれる発着施設を活用し、ヘリコプターのような電動垂直離着陸機で乗り合いをすることで、陸路での移動が不便な地点間を素早く移動できる。たとえば、成田空港から羽田空港への移動は電車で1時間以上かかるが、エレベートでは20分以下に短縮できるという。1回の充電での航続距離は約96キロメートルを想定している。

もちろん、予約はアプリのボタン一つで可能になる。東京では既存の交通インフラを補完するものとして、2023年ごろの実験開始を目指す。いずれは候補の5カ国すべてで事業化する可能性もあるようだ。

ウーバー・エレべートで活用を見込む電動垂直離着陸機のイメージ。東京での説明会で展示された(写真:Uber)

ただ事業化に際しては、空域の規制や巨額の初期投資など課題も多く、実現性には疑問も残る。ウーバー側によれば、東京は世界一ヘリポートが多い都市であり、仮に実現を目指す場合には大きなメリットになるという。ドローン業界の関係者は、「もし自社製の垂直離着陸機の認証が取れなかったとしても、代わりにヘリコプターの配車や乗り合いを実現することで、新たな都市交通事業を開拓しようとしているようにも見える」と語る。

次ページウーバーが最近変わってきた
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ゴーン氏の知力と行動力に<br>日本政府は完敗した

佐藤優氏の連載「知の技法 出世の作法」第613回の題材は、カルロス・ゴーン被告のレバノン逃亡事件です。ゴーン氏にしてみれば逃亡を選択したのは合理的な判断で、問題は日本の出入国管理が突破されたことにあると指摘しました。