ウーバーは「悪者」イメージを払拭できるか

「空飛ぶタクシー」で描く未来の新戦略

日本のステークホルダーとの交渉で中心的役割を担うインターナショナルチーフビジネスオフィサーのブルックス・エントウィッスル氏は、月1回のペースで来日しており、現在は「タクシー会社や業界団体との対話を何よりも優先に進めている」と繰り返した。あるタクシー会社の幹部は、「ウーバーから、官僚出身の若い日本人社員が(サービスや提携について)話をしに来た。よく勉強している」と好印象を受けたという。

説明会に登壇したブルックス・エントウィッスル氏(左)は、月に1回は来日し、各所との交渉に臨んでいる(写真:Uber)

ビジネス上でも成果が出始めている。この夏、淡路島でのタクシー配車を発表。エントウィッスル氏は会見で、秋には大都市圏のタクシー会社と提携し、配車サービスを始めることにも触れたほか、現在30近くの企業と交渉をしていることを明かした。

移動手段をすべてまとめて提供したい

さらにウーバーは、乗り捨て可能な電動自転車シェアサービスを展開する米ジャンプ・バイクスを買収したほか、電動キックスケーターシェアの米ライム・バイクとの資本提携に動いた。コスロシャヒCEOは最近、英紙フィナンシャル・タイムズに対し、「今後は自動車の配車よりも電動スケーターや自転車のシェアリングに重点を置きたい」と発言している。

ウーバーが買収した米ジャンプ・バイクスの自転車(記者撮影)

まだ具体的な計画も固まらない中での空飛ぶタクシー事業の発表や、これまでのライドシェア事業を否定するような発言は、迷走感もある。ただこうした動きは、ウーバーが目指している未来の姿が「マルチモーダルソリューション」(複数の交通手段を組み合わせた移動のソリューション)にあるからだと、ハーフォードCOOら幹部は異口同音に強調する。

たとえば、千葉県の自宅から東京のオフィスに出勤する場合、まずはウーバーのスカイポートまで自転車で向かい、そこから勤務先近辺のポートまで飛ぶ。その後は電車を使ったり、急いでいる場合はタクシーを配車したりする。ここでウーバーが目指すのは、1つのアプリの中で、電動自転車、空飛ぶタクシー、配車サービスのすべてを一括予約し、決済もできるということ。さらに乗るべき電車も検索できれば便利だ。いわば、決済機能のついたグーグルマップのようなシステムを構築することが、彼らが目指すところだといえる。

壮大な計画を実現するには、さまざまな規制をクリアできるかがカギになる。自らルールや枠組みを積極的に形作る取り組みも求められる。生まれ変わったウーバーは、新事業の名の通り“飛躍”することができるだろうか。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT