牛角創業者が仕掛ける「1人焼き肉店」の勝算

業態開発のヒントは「いきなり!ステーキ」

焼肉ライクを展開するダイニングイノベーション会長の西山知義氏。国内のみならず東南アジアなど海外への出店ももくろむ(記者撮影)

今後は新橋店の動向を見ながら、渋谷や新宿といった繁華街への出店も視野に入れる。さらに西山氏は郊外ロードサイドへの進出も狙う。「1人1200円で、4人家族で食べても4800円。こんな焼き肉店はほかにない。むしろライバルは回転ずしかもしれない」(西山氏)。国内では今後5年で300店の出店を目標に掲げる。

チェーン展開の課題は人手確保

外食業界では原材料費(Food)と人件費(Labor)を合わせた「FLコスト」を売り上げの6割程度に抑えることが目安とされるが、焼肉ライクでは原価率42%、人件費率20%を見込む。調理がほぼ不要であることから、売り上げに占める人件費は比較的小さい。アイドルタイムは2人、ピークタイムでも4~5人の店員で運営できるという。

とはいえ、多店舗展開するに当たって人手を確保するのは容易ではない。ある外食チェーン幹部は「アルバイトの応募があると、すぐに折り返し連絡して面接の約束を取るようにしている。そうしないとほかに取られてしまう」と話す。

焼肉ライクは比較的少人数で運営できるとはいえ、300店舗となると数千人規模のパート・アルバイトの確保が欠かせない。西山氏は「注文用タブレットの導入も検討している」と述べるなど、省人化投資も店舗展開で重要なカギを握るだろう。

これまでも1人焼き肉の専門店はあったが、数百店規模のチェーン店はまだ存在しない。牛角創業者の新たな挑戦を、消費者はどのように受け止めるだろうか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。