牛角創業者が仕掛ける「1人焼き肉店」の勝算 業態開発のヒントは「いきなり!ステーキ」

拡大
縮小
焼肉ライクを展開するダイニングイノベーション会長の西山知義氏。国内のみならず東南アジアなど海外への出店ももくろむ(記者撮影)

今後は新橋店の動向を見ながら、渋谷や新宿といった繁華街への出店も視野に入れる。さらに西山氏は郊外ロードサイドへの進出も狙う。「1人1200円で、4人家族で食べても4800円。こんな焼き肉店はほかにない。むしろライバルは回転ずしかもしれない」(西山氏)。国内では今後5年で300店の出店を目標に掲げる。

チェーン展開の課題は人手確保

外食業界では原材料費(Food)と人件費(Labor)を合わせた「FLコスト」を売り上げの6割程度に抑えることが目安とされるが、焼肉ライクでは原価率42%、人件費率20%を見込む。調理がほぼ不要であることから、売り上げに占める人件費は比較的小さい。アイドルタイムは2人、ピークタイムでも4~5人の店員で運営できるという。

とはいえ、多店舗展開するに当たって人手を確保するのは容易ではない。ある外食チェーン幹部は「アルバイトの応募があると、すぐに折り返し連絡して面接の約束を取るようにしている。そうしないとほかに取られてしまう」と話す。

焼肉ライクは比較的少人数で運営できるとはいえ、300店舗となると数千人規模のパート・アルバイトの確保が欠かせない。西山氏は「注文用タブレットの導入も検討している」と述べるなど、省人化投資も店舗展開で重要なカギを握るだろう。

これまでも1人焼き肉の専門店はあったが、数百店規模のチェーン店はまだ存在しない。牛角創業者の新たな挑戦を、消費者はどのように受け止めるだろうか。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT