ラオックス銀座閉店、脱「爆買い」戦略の成否

インバウンド消費の激変に振り回された

これまで手掛けてこなかった新しい領域にも手を広げ始めた。今年3月、中国・上海の高級ホテル「ベラージオ上海」にオープンしたのは、東京でも予約が難しい日本料理の名店「くろぎ」の中国一号店だ。平均客単価は3万円以上という高級店にもかかわらず、オープン直後から予約が殺到。日本にも劣らない人気店となった。運営するのは、ラオックスの上海子会社だ。

ラオックスが手掛けるショッピングモール内で始めた無声演劇「GEAR」の様子(写真:ラオックス)

国内では、2017年に成田空港に近い千葉市にショッピングモールを開店。店内には劇場を設け、言葉の通じない外国人でも楽しめる「無声演劇」の公演を始めた。「中国人が今何に関心があるかは、中国資本である彼らがいちばんよく知っている。利幅は薄くても、あらゆる関心とニーズに合わせて商材を広げていこうとするのは、まさにラオックスらしい」(中村氏)。

シナジーが見えにくい買収も

百貨店を中心に展開する婦人靴メーカーも次々と買収したほか、今年3月にはニッセン傘下でギフト店「サラダ館」などを展開するシャディも傘下に入れるなど、既存のビジネスとどのように結びつくのか見えにくい業容拡大策も散見される。当然、社内も困惑する。「社員の多くが家電量販店のノウハウしか持たない中で、私の場合は突然婦人靴メーカーの代表に就任するなど、まったく新しい仕事をやることになった。始めのうちは、毎日とにかく必死だった」(山崎陽子・社長室経営企画部長)。

業績不振に悩む婦人靴メーカーを複数買収。ただ、他のビジネスとどのようなシナジーが出るのかはまだわからない(写真:ラオックス)

当然、成果がすぐに出ることはない。2018年1~6月期の売上高は、免税店事業の回復などで前年同期比約6割増の462億円となったが、ショッピングモールの先行投資に加え、買収したギフト店や婦人靴の苦戦が響き、8億円の営業赤字となった。モール内のテナントの中には、客の入りが思わしくなく早速減損損失を計上したところもある。羅社長も、「千葉のモールは、まだまだ改善の余地がある。都心から遠いのもネックだ」と認める。

現段階で、ラオックスが始めた業容転換がどのように実を結ぶのかはわからない。決断の早い羅社長ゆえに、芽の出ない事業からは早々に撤退する可能性もある。ただ、何かしら手を打たない限り縮小の一途を辿るのは目に見えている。同社にとっての「日本一の免税店」に次ぐ金脈は見つかるのか。試行錯誤はまだ始まったばかりだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT