百貨店大手、初の「夏セール2回実施」の功罪

冬も2回実施に向け動きだすが、課題も残る

伊勢丹新宿本店では猛暑の影響もあり日傘やサングラスの売れ行きが好調だった。抽選会なども実施して、夏のセールを盛り上げた(撮影:今井康一)

百貨店業界の定番イベントとして定着するのか――。

百貨店の大手各社は今年、夏のセールを初めて2回に分けて実施した。1回目は6月末から10日間程度開催。春や初夏の衣料品をセール対象として販売した。2回目は主に7月27日前後から8月中旬まで展開。各社ともに、盛夏や晩夏の衣料品在庫を一掃した。

これまで夏のセールは7月初旬スタートの1回実施が慣例化。ただ、「段階的に値下げしていって、なだらかに売り上げが落ちていく」(アパレル業界関係者)ことで、ダラダラと値引き販売が続いていた。そこで、例年売り上げが落ちる7月中旬以降の衣料品販売をテコ入れするための策として、セールの2回実施が打ち出された。

衣料品の売り上げが2ケタ増の店舗も

今回の初の試みに対して、百貨店関係者はおおむね「一定の成果はあった」と評価する。日本百貨店協会が8月21日に発表した7月の全国百貨店売上高は5132億円と、前年同月比で6.1%減少。台風の上陸や西日本を襲った豪雨などの天候不順が響き、客足が鈍った。

そんな中、同協会は7月27日前後からのセールについて「台風の影響を受けた日を除く月末業績で、前年を上回る効果があった」と強調。特に東京地区については、「(台風の影響を受けた日を除き)衣料品の伸びが2ケタを超える店舗も多く見られた」という。

業界最大手の三越伊勢丹ホールディングスは、2012年の夏からセールの開始時期を他社よりも遅くしていた。値引きに頼らずに販売することで、収益改善につなげる狙いなどがあった。ただ、2018年の冬のセールは1月4日から開始し、競合他社と歩調を合わせていた。

今回の夏のセールも他社と同様に、6月29日から7月10日まで1回目、7月27日から8月7日まで2回目を開催した(※店舗によっては終了時期が異なる)。「猛暑の影響で日傘やサングラスが売れており、その押し上げ効果もあるが、1つのイベントとしては効果があったのではないか」と、三越伊勢丹は説明する。特に、7月27日から7月31日の旗艦店売上高は、2ケタの伸びを示した。

次ページ東京に加え、関西も効果あり
関連記事
トピックボードAD
  • 30歳とお金のリアル
  • 北朝鮮ニュース
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
買って良い街 悪い街

家は人生最大の買い物。購入後の大幅値下がりは後悔のもと。3大都市圏の割安な駅ランキング、519市区の「街の偏差値」を掲載。住宅情報誌ではわからない、後悔しない住まい選び。