第一人者が語る、がん「個別化医療」の将来像

中村祐輔氏が始める新プロジェクトとは?

米国臨床腫瘍学会では話題の半分以上が免疫療法だが、日本はかなり遅れている。日本では詐欺に近い形で免疫療法ビジネスが広がった背景があるとはいえ、免疫のことをよくわかっていない医師たちが「免疫療法など効かない、インチキだ」と頭から否定し、不幸な状況が生まれている。「患者申出療養」という新しい制度もできたが、実効性があるとは思えない。

いいかげんなものはきちんと排除しないといけないが、標準治療だけでは患者さんを救えないという現実がある。病院の権限で先進医療を行えるようにするなど、新しい仕組みが必要だ。

ただし、まじめにやっていても、データを出さず論文も書かないというのでは、信用を得ることは難しい。自由診療であってもしっかりしたデータを取ることは大切であり、これを促す仕組みも重要だ。

日本発の新しいがん治療法開発を

このシステムを変えないと、いつまで経っても日本のがん治療はよくなっていかない。たとえば、今年6月『ネイチャー メディシン』誌にローゼンバーグ医師の論文が掲載された。抗がん剤の薬物療法が効かない乳がん患者のがん組織中のT細胞(免疫細胞の1つ)を培養して体に戻してやったところ、数十個もあった肝臓などへの転移が皆消えて、すでに2年が経ち、再発もしていないという。

中村祐輔(なかむら・ゆうすけ)/1952年大阪府生まれ。大阪大学医学部卒業。医学博士。東京大学医科学研究所教授、米シカゴ大学医学部教授・個別化医療センター副センター長などを歴任。2018年4月に内閣府戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「AIホスピタル」プログラムディレクター。7月に帰国し、現職。また同月、一般社団法人・がんプレシジョン医療プロジェクトを立ち上げ理事長に就任(撮影:尾形文繁)

たった1例なので、日本の多くの医師が主張する統計学的な観点で見ればエビデンスはないことになるが、1例でも科学的には重要なことをたくさん示している。

論文からは、がん特異的な抗原を見つけて攻撃する免疫細胞がもともと体内にあり、その免疫細胞を取り出して培養し活性化させて体内に戻してやることによって、体内のがん細胞と免疫細胞の攻守のバランスが変わり、がん細胞が消えたのだろうと推論できる。

たった1例だから、「エビデンスがない」と片づけてしまっていては、日本のがん医療が進化できない。今がん治療法として開発を進めようとしているネオアンチゲン(腫瘍特異的抗原)療法もこういった免疫療法の1つだが、なかなか開発を進められない状態にある。

新しい治療法の開発は、患者さんを救うために重要だ。そして、国産の治療法を開発することによって、海外から高額の新薬を買ってこなければならない状況を変え、医療費を軽減することにもつながる、ということも頭に入れておきたい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT