すかいらーくHDもプラ製ストローを廃止へ

2020年までに全業態で

 8月17日、すかいらーくホルディングス は、国内外のグループ全業態で、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催までにプラスチック製ストローの使用を取り止める方針を発表した。写真はプラスチック製のストロー。英国ラフバラーで4月撮影(2018年 ロイター/Darren Staples)

[東京 17日 ロイター] - すかいらーくホルディングス <3197.T>は17日、国内外のグループ全業態で、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催までにプラスチック製ストローの使用を取り止める方針を発表した。まずは、約1370店舗を展開するファミリーレストラン「ガスト」で、ドリンクバーに常備しているプラスチック製ストローを年内に廃止する。

同社では、要望や必要性に応じてストローを提供するとしたうえで、自然分解するプラスチックの素材や食材を使用した代替ストローなどの導入を検討していく方針を示している。

谷真会長兼社長は「海洋汚染防止にいち早く対応することが企業の責任」としたうえで「日本最大のレストランチェーンがこの問題に取り組むことが社会における重要なステップになる」とのコメントを発表した。

すかいらーくグループは、6月30日現在、国内外で3187店舗を展開している。グループ全体で年間1億0500万本、ガストでは6000万本のストローを使用している。

プラスチック製ストローについては、米コーヒーチェーン大手のスターバックス<SBUX.O>が2020年までに世界の全店舗での使用取り止めを表明している。

環境省では「プラスチック資源循環戦略」策定に向けて、中央環境審議会での議論を開始した。年度内に結論を得るべく検討を進める。再生不可能な資源への依存度を減らし、使用された資源を循環利用することなどを推進する。

(清水律子)

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。