欧州委、「使い捨てプラスチック」禁止を提案

禁止対象は代替素材を直ちに利用できる製品

 5月28日、EUの欧州委員会は、綿棒やストローなど使い捨てのプラスチック製品を禁止する提案を公表した。英ラフバラーで4月撮影(2018年 ロイター/Darren Staples)

[ブリュッセッル 28日 ロイター] - 欧州連合(EU)の欧州委員会は28日、綿棒やストローなど使い捨てのプラスチック製品を禁止する提案を公表した。禁止の対象はプラスチックに代わる素材を直ちに利用できる製品で、環境面で持続可能な素材に切り替えるよう促す。

提案はまた、2025年までに使い捨てプラスチック飲料ボトルの90%を回収することをEU加盟各国に義務付けるとともに、製造業者には廃棄物の処理と清掃の費用負担を求める。

欧州委のティメルマンス第1副委員長は「プラスチック廃棄物は間違いなく大きな問題であり、プラスチック廃棄物は最終的に大気、土壌、海、食品に入り込むため、欧州市民はこの問題への取り組みで協調して行動する必要がある」と述べた。

世界の海洋に堆積したプラスチック廃棄物は各国政府にとって大きな問題となっており、科学者は食物連鎖への影響を警告している。

欧州委の提案は欧州議会および欧州理事会の承認が必要。欧州委は、2019年5月に実施される欧州議会選挙より前に承認を取り付けたいとしている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。