欧州委、「使い捨てプラスチック」禁止を提案

禁止対象は代替素材を直ちに利用できる製品

 5月28日、EUの欧州委員会は、綿棒やストローなど使い捨てのプラスチック製品を禁止する提案を公表した。英ラフバラーで4月撮影(2018年 ロイター/Darren Staples)

[ブリュッセッル 28日 ロイター] - 欧州連合(EU)の欧州委員会は28日、綿棒やストローなど使い捨てのプラスチック製品を禁止する提案を公表した。禁止の対象はプラスチックに代わる素材を直ちに利用できる製品で、環境面で持続可能な素材に切り替えるよう促す。

提案はまた、2025年までに使い捨てプラスチック飲料ボトルの90%を回収することをEU加盟各国に義務付けるとともに、製造業者には廃棄物の処理と清掃の費用負担を求める。

欧州委のティメルマンス第1副委員長は「プラスチック廃棄物は間違いなく大きな問題であり、プラスチック廃棄物は最終的に大気、土壌、海、食品に入り込むため、欧州市民はこの問題への取り組みで協調して行動する必要がある」と述べた。

世界の海洋に堆積したプラスチック廃棄物は各国政府にとって大きな問題となっており、科学者は食物連鎖への影響を警告している。

欧州委の提案は欧州議会および欧州理事会の承認が必要。欧州委は、2019年5月に実施される欧州議会選挙より前に承認を取り付けたいとしている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT