マリオットもプラスチック製ストローを中止

希望に応じて紙製ストローなどの代替品に

 7月18日、世界最大手のホテルチェーンである米マリオット・インターナショナルは、2019年7月までに世界6500カ所に展開するホテルで使い捨てのプラスチック製ストローとマドラーの使用を停止する方針を明らかにした。写真はウィーンのマリオットホテルのロゴ。4月撮影(2018年 ロイター/Heinz-Peter Bader)

[18日 ロイター] - 世界最大手のホテルチェーンである米マリオット・インターナショナル<MAR.O>は18日、2019年7月までに世界6500カ所に展開するホテルで使い捨てのプラスチック製ストローとマドラーの使用を停止する方針を明らかにした。

これにより年間10億本のストローと2億5000万本のマドラーの使用が削減できるという。顧客の希望に応じて紙製ストローなどの代替品を提供する。

プラスチックごみ全体に占めるストローの割合は比較的小さいが、再利用が困難なことからしばしば埋め立て処分となり、紙製品に比べて分解率がはるかに低いという問題がある。

マリオットのほかにも、5月に米ヒルトン・ワールドワイド・ホールディングス<HLT.N>が650のホテルで年内にプラスチック製ストローの使用を中止すると表明。ハイアット・ホテルズ<H.N>も先週、プラスチック製ストローとつまようじの使用を中止する方針を示し、9月から希望者にのみ提供すると表明している。

コーヒーチェーンのスターバックス<SBUX.O>も今月、2020年までに世界中の店舗でプラスチック製ストローの使用を段階的に取りやめると発表した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT