マリオットもプラスチック製ストローを中止

希望に応じて紙製ストローなどの代替品に

 7月18日、世界最大手のホテルチェーンである米マリオット・インターナショナルは、2019年7月までに世界6500カ所に展開するホテルで使い捨てのプラスチック製ストローとマドラーの使用を停止する方針を明らかにした。写真はウィーンのマリオットホテルのロゴ。4月撮影(2018年 ロイター/Heinz-Peter Bader)

[18日 ロイター] - 世界最大手のホテルチェーンである米マリオット・インターナショナル<MAR.O>は18日、2019年7月までに世界6500カ所に展開するホテルで使い捨てのプラスチック製ストローとマドラーの使用を停止する方針を明らかにした。

これにより年間10億本のストローと2億5000万本のマドラーの使用が削減できるという。顧客の希望に応じて紙製ストローなどの代替品を提供する。

プラスチックごみ全体に占めるストローの割合は比較的小さいが、再利用が困難なことからしばしば埋め立て処分となり、紙製品に比べて分解率がはるかに低いという問題がある。

マリオットのほかにも、5月に米ヒルトン・ワールドワイド・ホールディングス<HLT.N>が650のホテルで年内にプラスチック製ストローの使用を中止すると表明。ハイアット・ホテルズ<H.N>も先週、プラスチック製ストローとつまようじの使用を中止する方針を示し、9月から希望者にのみ提供すると表明している。

コーヒーチェーンのスターバックス<SBUX.O>も今月、2020年までに世界中の店舗でプラスチック製ストローの使用を段階的に取りやめると発表した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT