スタバの大決断、プラ製ストローの使用廃止へ

世界2万8000店で2020年までに全廃へ

 7月9日、米コーヒーチェーン大手スターバックス(スタバ)は、2020年までに世界で展開する約2万8000の全店舗でプラスチック製使い捨てストローの使用を廃止すると発表した。米カリフォルニア州パサデナで2013年7月撮影(2018年 ロイター/Mario Anzuoni)

[ニューヨーク 9日 ロイター] - 米コーヒーチェーン大手スターバックス(スタバ)<SBUX.O>は9日、2020年までに世界で展開する約2万8000の全店舗でプラスチック製使い捨てストローの使用を廃止すると発表した。

今後はストローを使わない再利用可能なふたに切り替えるほか、異なる素材のストローを使用する方針。

スターバックスの中国の店舗(写真:REUTERS/Jason Lee)

スタバのジョンソン最高経営責任者(CEO)は声明で「環境に優しいコーヒーを環境に優しい方法で顧客に提供するというスタバの世界レベルでの目標達成に向け重要な節目となる」と表明した。

同社が本社を置くワシントン州シアトルでは前週、環境保護に向け、飲食店でのプラスチック製ストローや食器の使用が禁止されたばかり。

次ページマクドナルドでは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。