ツイッター、「陰謀説」司会者の投稿を禁止

アレックス・ジョーンズ氏の投稿を7日間禁止

 8月15日、米ツイッターは、右派のラジオ司会者、アレックス・ジョーンズ氏(写真中央)と、さまざまな陰謀説や偽ニュースの拡散で知られる同氏のサイト「インフォウォーズ」のアカウントに対し、投稿を7日間禁止した。写真はテキサス州ダラスで2013年11月撮影(2018年 ロイター/Jim Bourg)

[15日 ロイター] - 米ツイッター<TWTR.N>は、右派のラジオ司会者、アレックス・ジョーンズ氏と、さまざまな陰謀説や偽ニュースの拡散で知られる同氏のサイト「インフォウォーズ」のアカウントに対し、投稿を7日間禁止した。攻撃的行動に関する同社の規定に違反したため。

ツイッターは14日夜、ジョーンズ氏に対し「暴力を扇動する」部分のある動画を含んだあるツイートを削除するよう要請。15日時点で、そのツイートは同氏のアカウントから消えた。

インフォウォーズのアカウントからも、ジョーンズ氏のアカウントが14日夜に投稿したものと同じ内容が投稿されていた。広報担当者によると、ツイッターは15日に同様の措置を取ったという。

投稿の一時禁止により、ジョーンズ氏とインフォウォーズのアカウントからはツイートの閲覧と、フォロワーへのダイレクトメッセージの送信は可能だが、投稿、リツイート、お気に入り(「いいね」)への登録は一時的に不可能となる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT