テスラ株式非公開化、資金調達はできるのか

大半のアナリストは計画を疑問視している

 8月8日、米電気自動車(EV)メーカー大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO、写真)が株式非公開化の計画を示したが、アナリストは同社がこの計画に十分な資金支援を得られるかどうか、疑問を呈している。写真はカリフォルニア州 で2011年10月撮影(2018年 ロイター/Stephen Lam)

[8日 ロイター] - 米電気自動車(EV)メーカー大手テスラ<TSLA.O>のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が株式非公開化の計画を示したが、アナリストは同社がこの計画に十分な資金支援を得られるかどうか、疑問を呈している。

マスク氏は7日、ツイッターで突如この計画を明らかにした。

バーンスタインのアナリストチームはノートに「昨日午後の場当たり的な情報開示のやり方を見ての第一印象は、イーロン・マスク氏はテスラの取締役会や主要株主に相談せず、大衆に向かって非公開化計画をぶちあげたというものだ」と記した。

ジェフリーズはノートで「テスラはこれ以上借金ができない状態であり、だれが計画に出資して新たな大株主になるだろうか」と疑問を投げかけた。

大半のアナリストはテスラが十分な資金を調達できるか疑問視しているが、一部には実行可能との見方もある。テスラはこれまでもサウジアラビアの政府系ファンドやインターネットサービス大手の騰訊控股(テンセント・ホールディングス)<0700.HK>から資金を確保した実績がある。

RBCのアナリストは「この案件に関するイーロン(マスク氏)のトーンやメッセージを見て、外部から多額の資金を取り付けられるだろうと思った」と述べた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。