テスラ株式非公開化、資金調達はできるのか 大半のアナリストは計画を疑問視している

印刷
A
A
 8月8日、米電気自動車(EV)メーカー大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO、写真)が株式非公開化の計画を示したが、アナリストは同社がこの計画に十分な資金支援を得られるかどうか、疑問を呈している。写真はカリフォルニア州 で2011年10月撮影(2018年 ロイター/Stephen Lam)

[8日 ロイター] - 米電気自動車(EV)メーカー大手テスラ<TSLA.O>のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が株式非公開化の計画を示したが、アナリストは同社がこの計画に十分な資金支援を得られるかどうか、疑問を呈している。

マスク氏は7日、ツイッターで突如この計画を明らかにした。

バーンスタインのアナリストチームはノートに「昨日午後の場当たり的な情報開示のやり方を見ての第一印象は、イーロン・マスク氏はテスラの取締役会や主要株主に相談せず、大衆に向かって非公開化計画をぶちあげたというものだ」と記した。

ジェフリーズはノートで「テスラはこれ以上借金ができない状態であり、だれが計画に出資して新たな大株主になるだろうか」と疑問を投げかけた。

大半のアナリストはテスラが十分な資金を調達できるか疑問視しているが、一部には実行可能との見方もある。テスラはこれまでもサウジアラビアの政府系ファンドやインターネットサービス大手の騰訊控股(テンセント・ホールディングス)<0700.HK>から資金を確保した実績がある。

RBCのアナリストは「この案件に関するイーロン(マスク氏)のトーンやメッセージを見て、外部から多額の資金を取り付けられるだろうと思った」と述べた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT