電通、カカクコム株をKDDIに793億円で売却

国内外でM&Aなど資金需要が見込まれるため

 8月2日、電通は、保有するカカクコムの全株式をKDDIに約793億円で売却すると発表した。売却の目的は、資本効率・資産効率の向上と、国内外M&Aなど資金需要が見込まれるためとしている。写真はKDDI本社で2008年11月撮影(2018年 ロイター)

[東京 2日 ロイター] - 電通<4324.T>は2日、保有するカカクコム<2371.T>の全株式をKDDI<9433.T>に約793億円で売却すると発表した。売却の目的は、資本効率・資産効率の向上と、国内外M&Aなど資金需要が見込まれるためとしている。

2018年7─9月期の連結決算(国際会計基準)に約515億円を、関連会社株式売却益として計上する。発行済株式総数の16.63%に当たる約3500万株を、1株当たり2264円87銭で、市場外の相対取引で売却する。

電通は、2012年5月にカカクコムと業務提携で基本合意し、株式の一部を取得して持分法適用関連会社としていた。

カカクコムは同日、KDDIと資本業務提携すると発表した。インターネット広告やデジタルマーケティングなどで業務提携するため協議する、としている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT