電通、カカクコム株をKDDIに793億円で売却

国内外でM&Aなど資金需要が見込まれるため

 8月2日、電通は、保有するカカクコムの全株式をKDDIに約793億円で売却すると発表した。売却の目的は、資本効率・資産効率の向上と、国内外M&Aなど資金需要が見込まれるためとしている。写真はKDDI本社で2008年11月撮影(2018年 ロイター)

[東京 2日 ロイター] - 電通<4324.T>は2日、保有するカカクコム<2371.T>の全株式をKDDI<9433.T>に約793億円で売却すると発表した。売却の目的は、資本効率・資産効率の向上と、国内外M&Aなど資金需要が見込まれるためとしている。

2018年7─9月期の連結決算(国際会計基準)に約515億円を、関連会社株式売却益として計上する。発行済株式総数の16.63%に当たる約3500万株を、1株当たり2264円87銭で、市場外の相対取引で売却する。

電通は、2012年5月にカカクコムと業務提携で基本合意し、株式の一部を取得して持分法適用関連会社としていた。

カカクコムは同日、KDDIと資本業務提携すると発表した。インターネット広告やデジタルマーケティングなどで業務提携するため協議する、としている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナショックの大波紋
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。