任天堂、4-6月のスイッチは188万台止まり

通期の販売計画2000万台は据え置き

 7月31日、任天堂は、家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の2018年4─6月期の販売台数は188万台だったと発表した。前年同期は197万台だった。写真はロサンゼルスで昨年6月撮影(2018年 ロイター/Mike Blake)

[東京 31日 ロイター] - 任天堂<7974.T>が31日発表した2018年4─6月期の営業利益は前年比1.8倍の305億円に拡大した。家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」向けのソフト販売が好調だった。

売上高は前年比9.1%増の1681億円だった。スイッチ向けソフトは前年比2.2倍の1796万本と大きく伸びた。5月に発売した「ドンキーコング トロピカルフリーズ」が世界で140万本販売したほか、6月に発売した「マリオテニス エース」も138万本販売するなど好調だった。

ただスイッチ本体の販売台数は188万台と、前年同期の197万台を下回った。

スマートフォン向けゲームなどの「スマートデバイス・IP(知的財産)関連収入」も前年比ほぼ横ばいの90億円にとどまった。

通期のスイッチの販売計画はハード2000万台(前年実績1505万台)、ソフト1万本(同6351万本)をそれぞれ維持した。

こうした状況を踏まえ、通期業績予想も据え置いた。営業利益予想は前年比26.7%増の2250億円と、トムソン・ロイターが集計したアナリスト23人の予測平均値2916億円を大きく下回っている。

*内容を追加します。

(志田義寧)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ディズニーシー拡張に透ける<br>「最強パーク」ゆえの焦燥

2500億円の投資で東京ディズニーシーを拡張するオリエンタルランド。集客絶好調ゆえの混雑で低下する顧客満足度に手を打つ。入園者数増加と値上げを両立したUSJの猛追も意識。