売られるFAANG、「ハイテク売り」の意味

アメリカでは資金が他業種へシフト

 7月30日、米国株式市場は主要3指数がいずれも下落。ハイテク株が売られる中、先週の場中に過去最高値を付けたナスダック総合指数は3営業日連続で1%を超える値下がりとなった。24日撮影(2018年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 30日 ロイター] - 米国株式市場は主要3指数がいずれも下落。ハイテク株が売られる中、先週の場中に過去最高値を付けたナスダック総合指数<.IXIC>は3営業日連続で1%を超える値下がりとなった。同指数が3日連続で1%超下げるのは3年ぶり。

S&P情報技術株<.SPLRCT>は1.8%安。株価の動きが荒くなる中間選挙シーズンに入る前に、ハイテク株以外のセクターにシフトしたり、利益を確定する動きが見られた。

ハイテク大手5社の「FAANG」銘柄では、フェイスブック<FB.O>が2.2%安、ネットフリックス<NFLX.O>が5.7%安。その他のアップル<AAPL.O>、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>、アルファベット<GOOGL.O>も連れ安となった。

フェニックス・フィナンシャル・サービシズ(ニューヨーク)のチーフアナリスト、ウェイン・カウフマン氏は「(ハイテク株には)豊富な資金が集まっており、その一部が他のセクターにシフト、あるいは引き揚げられた」とし、「投資家は典型的な中間選挙年のサイクルを意識している」と指摘。また、関税を巡る懸念が中心にあると述べた。

米テレビ局CBS<CBS.N>は続落して5%安。同社取締役会は30日、ムーンベス最高経営責任者(CEO)のセクシュアルハラスメント(性的嫌がらせ)疑惑を巡り、独立した調査を指揮する外部弁護士を選定中としつつも、即座に措置を講じることはないと発表した。

米食肉加工最大手タイソン・フーズ<TSN.N>は7.6%安。同社は中国の加工肉製品への追加関税、それによる事業環境の先行き不透明感を理由に通期利益予想を下方修正した。

同業のホーメル・フーズ<HRL.N>とピルグリムズ・プライド<PPC.O>も、それぞれ2.5%、1.5%下落。

米重機メーカーのキャタピラー<CAT.N>は2%安。第2・四半期決算で利益が市場予想を上回り、通期の利益見通しを上方修正したことを受けて株価はいったん上昇したが、下げに転じた。

S&P主要11セクターのうち、7セクターが下落。 

原油価格の上昇を背景に、エネルギー株は0.8%上昇。

このほか、米通信大手AT&T<T.N>は3%高。バンク・オブ・アメリカが投資判断を「ニュートラル」から「バイ」に引き上げたことを受けた。

ニューヨーク証券取引所では値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を1.17対1の比率で上回った。ナスダックでも1.85対1で値下がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は64億6000万株。直近20営業日の平均は60億1000万株。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 25306.83 -144.23 -0.57 25439.32 25500.16 25287.38 <.DJI>

前営業日終値 25451.06

ナスダック総合 7630.00 -107.42 -1.39 7735.27 7740.26 7604.24 <.IXIC>

前営業日終値 7737.42

S&P総合500種 2802.60 -16.22 -0.58 2819.00 2821.74 2798.11 <.SPX>

前営業日終値 2818.82

ダウ輸送株20種 10933.53 -23.65 -0.22 <.DJT>

ダウ公共株15種 717.02 -4.58 -0.63 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1358.56 -13.68 -1.00 <.SOX>

VIX指数 14.26 +1.23 +9.44 <.VIX>

S&P一般消費財 881.28 -6.97 -0.78 <.SPLRCD>

S&P素材 371.05 -0.84 -0.23 <.SPLRCM>

S&P工業 632.36 -5.98 -0.94 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 547.13 -0.37 -0.07 <.SPLRCS>

S&P金融 467.04 +0.11 +0.02 <.SPSY>

S&P不動産 200.13 -0.11 -0.05 <.SPLRCREC>

S&Pエネルギー 570.98 +4.76 +0.84 <.SPNY>

S&Pヘルスケア1018.07 +0.99 +0.10 <.SPXHC>

S&P電気通信サービス 150.76 +2.88 +1.95 <.SPLRCL>

S&P情報技術 1239.79 -22.48 -1.78 <.SPLRCT>

S&P公益事業 265.29 -1.60 -0.60 <.SPLRCU>

NYSE出来高 7.49億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物9月限 ドル建て 22490 - 30 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物9月限 円建て 22465 - 55 大阪比 <0#NIY:>

関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。