ポール・マッカートニーが「サプライズ公演」

ビートルズゆかりのキャバーン・クラブで

 7月26日、元ビートルズのメンバー、ポール・マッカートニーが英リバプールの「キャバーン・クラブ」で無料のサプライズ公演を行った。写真は2015年4月、米オハイオ州クリーブランドで撮影(2018年 ロイター/Aaron Josefczyk)

[リバプール 26日 ロイター] - 元ビートルズのメンバー、ポール・マッカートニー(76)が26日、ビートルズが1960年代の活動初期に演奏していた英リバプールの「キャバーン・クラブ」で無料のサプライズ公演を行った。

マッカートニーはこの数時間前にツイッターで公演開催を告知。公演は現地時間午後2時にスタートし、チケットは午前10時から先着順で無料で配布すると明らかにした。

リバプールのキャバーン・クラブで

ステージに登場したマッカートニーは、「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」や「マジカル・ミステリー・ツアー」などビートルズ時代のヒット曲も含めて2時間にわたり演奏した。

キャバーン・クラブの収容人数は350人で、マッカートニーが通常演奏する大規模なスタジアム会場とは大きく異なる。ビートルズは1961年に同クラブのステージに初めて立った。

27歳のファンの女性は「1960年代に戻ってビートルズをキャバーンで観ることが夢だ。この夢に最も近づくことができた」と興奮して語った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。