ポール・マッカートニーが「サプライズ公演」

ビートルズゆかりのキャバーン・クラブで

 7月26日、元ビートルズのメンバー、ポール・マッカートニーが英リバプールの「キャバーン・クラブ」で無料のサプライズ公演を行った。写真は2015年4月、米オハイオ州クリーブランドで撮影(2018年 ロイター/Aaron Josefczyk)

[リバプール 26日 ロイター] - 元ビートルズのメンバー、ポール・マッカートニー(76)が26日、ビートルズが1960年代の活動初期に演奏していた英リバプールの「キャバーン・クラブ」で無料のサプライズ公演を行った。

マッカートニーはこの数時間前にツイッターで公演開催を告知。公演は現地時間午後2時にスタートし、チケットは午前10時から先着順で無料で配布すると明らかにした。

リバプールのキャバーン・クラブで

ステージに登場したマッカートニーは、「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」や「マジカル・ミステリー・ツアー」などビートルズ時代のヒット曲も含めて2時間にわたり演奏した。

キャバーン・クラブの収容人数は350人で、マッカートニーが通常演奏する大規模なスタジアム会場とは大きく異なる。ビートルズは1961年に同クラブのステージに初めて立った。

27歳のファンの女性は「1960年代に戻ってビートルズをキャバーンで観ることが夢だ。この夢に最も近づくことができた」と興奮して語った。

関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。