多摩市火災、建物は「データセンター」だった

三井不動産のSPCが開発していた物件

火災原因や被害状況については「現在調査中」(安藤ハザマ)としているものの、現場の職人からは「火災に気がつかず、発見が遅れた」という声も上がっている。

このデータセンターは10月末には竣工する予定だった(記者撮影)

「今後の見通しについては未定」

安藤ハザマは現在、福島県の除染工事をめぐり元従業員2名が詐欺罪で刑事処分を受けたことにより、東北地方で営業停止処分の期間中で、さらなる対応に追われそうだ。

現場から避難してきた数十人ほどの職人は、付近のコンビニの駐車場で不安そうな表情を浮かべていた。

このビルの開発をしていた南多摩特定目的会社は三井不動産が100%出資する特定目的会社(SPC)。三井不動産は大部分をデータセンターに、一部を事務所とする計画だった。

三井不動産は「今後の見通しについては未定」としている。建物の被害状況によっては復旧に時間がかかりそうだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。