多摩市火災、建物は「データセンター」だった

三井不動産のSPCが開発していた物件

火災原因や被害状況については「現在調査中」(安藤ハザマ)としているものの、現場の職人からは「火災に気がつかず、発見が遅れた」という声も上がっている。

このデータセンターは10月末には竣工する予定だった(記者撮影)

「今後の見通しについては未定」

安藤ハザマは現在、福島県の除染工事をめぐり元従業員2名が詐欺罪で刑事処分を受けたことにより、東北地方で営業停止処分の期間中で、さらなる対応に追われそうだ。

現場から避難してきた数十人ほどの職人は、付近のコンビニの駐車場で不安そうな表情を浮かべていた。

このビルの開発をしていた南多摩特定目的会社は三井不動産が100%出資する特定目的会社(SPC)。三井不動産は大部分をデータセンターに、一部を事務所とする計画だった。

三井不動産は「今後の見通しについては未定」としている。建物の被害状況によっては復旧に時間がかかりそうだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT