50歳で出世できず、憂鬱な人に教えたい心得

会社だけが人生じゃない、頭を切り替えよう

あなたの思いは正しい。現場で若手として働いているときは極めて優秀なのに、課長、部長、役員と出世していくにつれて会社員は無能になっていく。なぜなら無能にならなければ、会社では出世できないからだ。あまりに有能だと上司は嫉妬し、間違いなく潰しにかかる。「出る杭を打つ」のだ。ある経営者が言ったことを思い出す。

「経営者は良きナンバー2を得ることが最も重要なのです。しかし経営者は良きナンバー2より、自分に忠実な部下を大事にしがちです。そうして会社はいつの間にか衰退します」

「できる奴」は出世できない。それは上司(経営者)の嫉妬を招くからだ。この嫉妬をかいくぐるようなズル賢さが出世のためには必要なのだ。

こんな実例は戦国時代から山ほどある。現在でも「中興の祖」と言われるような実力経営者が80歳以上になっても君臨し、次々と社長の首を切っている会社は多い。こんな会社では、誰もが実力経営者の顔色を見て戦々兢々としている。このような状態では、大企業の場合はすぐには業績悪化は目立たないが、徐々に衰退していく。

最後に笑うのは誰か

大半の人は「できる奴」として入社しても、いつの間にかその他大勢になって出世から見放されてしまう。同期100人が入社しても、部長になれるのは10人もいないだろう。ましてや役員となると数人だ。しかし、引け目に感じたり、悔しがったりする必要はない。

昔の話で恐縮だが、銀行の人事部に勤めていた時代、出世に見放された行員たちを集めて研修したことがある。彼らを「活性化」させよというのが経営命題だった。私は勇んで彼らを叱咤激励した。ところが彼らの生活の様子を聞いているうちに、私のトーンは徐々に弱くなってきた。

『会社人生、五十路の壁 サラリーマンの分岐点』(PHP新書)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

というのも、彼らの家庭生活が非常に充実していることに気づいたのだ。家庭を大事にし、子どもと一緒に遊ぶのは当然。少年野球チームのコーチをしたり、地域ボランティアのリーダーをしたりしている。ひるがえって私自身のことを考えた。

仕事のみで家庭を顧みず、子どもとも遊ばず、地域とのつながりはまったくない。幸せなのは私なのか、彼らなのか、深く考えさせられたのだ。当時の私は妻から「そんなに働いても、のれん分けをしてもらえるわけじゃないのよ」と何度も言われた。「健康を害したら捨てられるだけよ」とも……。

「出世=できる奴」でも「出世=幸せ」でもない。これは間違いない。会社だけが人生ではない。むしろ、会社を退職した後の人生は長い。その長い人生を充実して過ごせるかどうかが、最後に笑う極め手になると思う。仕事一筋で燃え尽きるより、彼らのように家族や地域との絆を大切にしたほうが、最後に笑うのではないだろうか。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。