モンデリーズ、「リッツ」製品を自主回収

サルモネラ菌混入の恐れ、米国で

 7月22日、米食品メーカー、モンデリーズ・グローバルは21日付の声明で、原料にサルモネラ菌が混入した恐れがあるとして自主的に「リッツ・クラッカー」サンドイッチと「リッツ・ビッツ」製品のリコール(回収)を開始したと明らかにした。写真は同社ロゴ。チューリヒで2012年11月撮影(2018年 ロイター/Michael Buholzer)

[ニューヨーク 22日 ロイター] - 米食品メーカー、モンデリーズ・グローバル<MDLZ.O>は21日付の声明で、原料にサルモネラ菌が混入した恐れがあるとして自主的に「リッツ・クラッカー」サンドイッチと「リッツ・ビッツ」製品のリコール(回収)を開始したと明らかにした。

モンデリーズのサプライヤーの1社が、供給するホエー粉末にサルモネラ菌が混入した恐れがあるとして回収したことを受けての措置。同社は食中毒の発生の報告はないが、予防措置として回収を決めたと説明した。

回収の対象となる製品は、プエルトリコと米領バージン諸島を含む米国で販売される十数種におよぶリッツ関連製品。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。