モンデリーズ、「リッツ」製品を自主回収

サルモネラ菌混入の恐れ、米国で

 7月22日、米食品メーカー、モンデリーズ・グローバルは21日付の声明で、原料にサルモネラ菌が混入した恐れがあるとして自主的に「リッツ・クラッカー」サンドイッチと「リッツ・ビッツ」製品のリコール(回収)を開始したと明らかにした。写真は同社ロゴ。チューリヒで2012年11月撮影(2018年 ロイター/Michael Buholzer)

[ニューヨーク 22日 ロイター] - 米食品メーカー、モンデリーズ・グローバル<MDLZ.O>は21日付の声明で、原料にサルモネラ菌が混入した恐れがあるとして自主的に「リッツ・クラッカー」サンドイッチと「リッツ・ビッツ」製品のリコール(回収)を開始したと明らかにした。

モンデリーズのサプライヤーの1社が、供給するホエー粉末にサルモネラ菌が混入した恐れがあるとして回収したことを受けての措置。同社は食中毒の発生の報告はないが、予防措置として回収を決めたと説明した。

回収の対象となる製品は、プエルトリコと米領バージン諸島を含む米国で販売される十数種におよぶリッツ関連製品。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。