モンデリーズ、「リッツ」製品を自主回収

サルモネラ菌混入の恐れ、米国で

 7月22日、米食品メーカー、モンデリーズ・グローバルは21日付の声明で、原料にサルモネラ菌が混入した恐れがあるとして自主的に「リッツ・クラッカー」サンドイッチと「リッツ・ビッツ」製品のリコール(回収)を開始したと明らかにした。写真は同社ロゴ。チューリヒで2012年11月撮影(2018年 ロイター/Michael Buholzer)

[ニューヨーク 22日 ロイター] - 米食品メーカー、モンデリーズ・グローバル<MDLZ.O>は21日付の声明で、原料にサルモネラ菌が混入した恐れがあるとして自主的に「リッツ・クラッカー」サンドイッチと「リッツ・ビッツ」製品のリコール(回収)を開始したと明らかにした。

モンデリーズのサプライヤーの1社が、供給するホエー粉末にサルモネラ菌が混入した恐れがあるとして回収したことを受けての措置。同社は食中毒の発生の報告はないが、予防措置として回収を決めたと説明した。

回収の対象となる製品は、プエルトリコと米領バージン諸島を含む米国で販売される十数種におよぶリッツ関連製品。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT