電通、世界大手に向け「ビッグチャンス」到来

グローバル企業の獲得は進むのか

電通の海外事業の売上総利益はすでに国内を上回っている

名実ともにグローバル大手に名乗りを上げられるか。広告代理店大手の電通が大きなチャンスを迎えている。

同社が発表した2015年12月期(今期は9カ月変則決算)の4~9月期決算は、売上高に当たる収益が前年同期比13.6%増の3739億円、営業利益は同11.8%増の438億円、純利益が同23.8%増の260億円と増収増益だった。

業績の牽引役は海外事業

国内は昨年のサッカーワールドカップの反動があったものの、東京オリンピック・パラリンピック関連のスポンサー収入が好調だった。業種別では食品や外食、交通・レジャーなどが伸長。プロモーション系、デジタル系子会社の業績も良好で、売上総利益は前年同期を1.9%上回った。ただ、貸倒引当金の計上で、セグメント利益(償却費、減損損失など一時的要因を含まない)は前年並みにとどまっている。

業績を牽引するのは海外だ。13日に開催された決算説明会でも海外事業の説明が大半を占めた。今期は新規クライアントの貢献もあり、各地域で実績を伸ばした。海外事業の売上総利益は11.8%増加(為替やM&Aの影響を除く成長率。以下同じ)、セグメント利益は47.7%増の223億円だった。

次ページ海外で何が伸びているのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。