電通、世界大手に向け「ビッグチャンス」到来

グローバル企業の獲得は進むのか

電通の海外事業の売上総利益はすでに国内を上回っている

名実ともにグローバル大手に名乗りを上げられるか。広告代理店大手の電通が大きなチャンスを迎えている。

同社が発表した2015年12月期(今期は9カ月変則決算)の4~9月期決算は、売上高に当たる収益が前年同期比13.6%増の3739億円、営業利益は同11.8%増の438億円、純利益が同23.8%増の260億円と増収増益だった。

業績の牽引役は海外事業

国内は昨年のサッカーワールドカップの反動があったものの、東京オリンピック・パラリンピック関連のスポンサー収入が好調だった。業種別では食品や外食、交通・レジャーなどが伸長。プロモーション系、デジタル系子会社の業績も良好で、売上総利益は前年同期を1.9%上回った。ただ、貸倒引当金の計上で、セグメント利益(償却費、減損損失など一時的要因を含まない)は前年並みにとどまっている。

業績を牽引するのは海外だ。13日に開催された決算説明会でも海外事業の説明が大半を占めた。今期は新規クライアントの貢献もあり、各地域で実績を伸ばした。海外事業の売上総利益は11.8%増加(為替やM&Aの影響を除く成長率。以下同じ)、セグメント利益は47.7%増の223億円だった。

次ページ海外で何が伸びているのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 就職四季報プラスワン
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。