ジリ貧のフジテレビ、視聴率は盛り返せるか

テレビ単体が上期赤字、営業費に大ナタ

ついに赤字に転落したフジテレビ。視聴率をどう盛り返すのか

「牽引役であるはずのフジテレビが、このような業績でよいはずがない」ーー。

収益柱の苦戦は深刻だった。フジ・メディア・ホールディングスが10月30日に発表した2015年4~9月期決算は、売上高が前年同期比1.7%増の3117億円、営業利益が同48.5%減の49億円。純利益は同58.2%減の50億円と増収減益だった。11月4日に開かれた決算会見で、嘉納修治社長は冒頭のコメントとともに「非常に厳しい決算になった」と語った。

フジテレビ以外は好調

フジテレビ以外の子会社群は、総じて予想を上回った。映像音楽部門は、ポニーキャニオンで大型作品のリリースがなかったことや償却増によって赤字幅が拡大している。しかし、都市開発部門は、サンケイビルが3月に買収した「グランビスタホテル&リゾート」の新規連結で大幅増収。同社は訪日外国人需要を取り込み、主力のホテルが高い稼働率を維持、運営する鴨川シーワールドも好調だった。

部門としては、前期の資産売却による反動減もあったが、グランビスタの貢献で、利益は前年並みを維持した。「グランビスタは好調だ。非常にいい時期にグループに迎えることができた」(嘉納社長)。

生活情報部門も約11億円の赤字幅縮小を実現。苦戦していたセシールが、カタログ刷新や高単価の新商品を投入したこと、不採算事業の撤退といったテコ入れで大幅に改善。ディノスもテレビ通販が貢献している。

次ページフジテレビのテコ入れ策は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT