地下鉄銀座線の「トリビア」本当か調べてみた

「デパートが駅建設費負担」は証拠がない?

また、昭和40年代には、壁に岡本太郎の壁画を展示していたとして、壁画が写った写真資料を見せていただいた。歩いて十数秒の距離の通路の床を大理石にしたり、高名な芸術家の作品を展示したりするあたりに、日本橋のデパートのプライドを感じた取材だった。

90年前から同じ?三越前のエスカレーター【確証度C】

前述の、銀座線リニューアル情報サイトの三越前のトリビアが書かれたページには、開業当初の三越前駅の写真が掲載されている。

その中の1枚に、駅の利用者がエスカレーターを使っている写真がある。三越につながる改札付近で撮影されたものと思われるが、現在の様子と比べると、エスカレーターの構造が実に似ている。

ホームから三越方面の改札口へとつながるエスカレーターは、金属の部分が金色の、他の場所では見ることができない年季の入ったもの。ベルトやコンベア部分は、安全の観点から新しいものに変わっているだろうが、基本部分は開業当時から使われているかもしれない。

こちらに関しては、まったく確証が取れなかったので、確証度はCということで。

建設時の工夫が生んだトリビア

現在は使用されていない「幻の新橋駅」に停車する銀座線の電車(撮影:尾形文繁)

銀座線は戦前、東京地下鉄道と、東京高速鉄道という2つの民間会社が、自ら資金を調達して作った鉄道路線。国などの補助金を得ることなく建設した裏側には、デパートに建設費を一部負担するよう話を持ちかけたり、ホームを狭くしたりするなど、建設費節約のためのさまざまな努力があったことがわかった。

残念ながら、今回の90周年のタイミングでは、そういった話を掘り下げることができなかった。だが、2028年、100周年のタイミングの際には、東京メトロが銀座線にまつわるエピソードを徹底的に調査した書籍などをきっと出してくれることだろう、と期待したい。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。