安倍首相「出馬表明はお盆開け以降」の裏事情

止まらぬ「ゴーイン(強引)グ・マイウェイ」

通常国会事実上の閉幕で、自民党控室を訪れた際、議員らに拍手で送られる安倍首相(写真:共同通信)

もはや天災ともいえる酷暑に汗だくの永田町で20日、延長国会が事実上閉幕した。政府与党は「国民からも悪評ふんぷん」(立憲民主党)のカジノ(IR)実施法や「参院定数6増」の改正公職選挙法を数の力で野党の抵抗を蹴散らして成立させた。会期末まで2日を残しての店仕舞い。与党幹部は「シナリオ通り」(自民国対)と胸を張り、会期末攻防で足並みの乱れもあって手もなくひねられた主要野党の抗議の声を「犬の遠吠え」と冷笑するばかりだ。

国会乗り切りで1強を維持し続ける安倍晋三首相は、与野党攻防決着を受けて20日夜、首相官邸で満足げな表情で記者会見した。永田町が注目する9月の自民党総裁選への出馬表明については、豪雨災害への対応優先を理由に「蝉しぐれを聞きながら考えたい」と8月のお盆明け以降に先送りする考えを示した。想定されていた真夏の政局を"政治休戦"にして、対抗馬の石破茂元幹事長らの動きを封じ込める狙いは見え見えだ。国会運営とも併せて、まさに「ゴーイン(強引)グ・マイウェイ」の首相の政治手法は、とどまるところを知らない。

20日午後10時からの記者会見で、まず首相は余裕たっぷりの表情で記者団を見回し、平成最悪となった西日本の豪雨災害について「現場主義で復旧・復興を加速させ、自治体と連携して総力を挙げて取り組んでいる」と万全な対応を強調し、災害対応の補正予算編成にも言及した。その一方で、未解明に終わった「もり・かけ疑惑」などについては「行政のトップとして深くお詫びする」「首相の立場が周囲に与えうる影響を常に意識して慎重に政権運営にあたる」と謝罪してみせたが、1年前のような殊勝な態度ではなかった。

「蝉しぐれ」発言でライバルを金縛りに

いつも通りの10分余りの「冒頭発言」を受けての質疑では、当然、「9月の自民党総裁選への対応」が問われた。これに対し首相は、いたずらっぽい笑顔で「災害対応に全力を尽くしていかねばならない。まだ先のことを考える余裕はないのが正直なところで、蝉しぐれを聞きながらよく考えていきたい」と答え、改めて記者団を見回した。

総裁選出馬について首相は、年初には「緑が深くなるころ」と初夏を示唆したが、国会の大幅延長に伴い「蝉の声がうるさくなるころ」と7月下旬に軌道修正した。今回はそれをさらにお盆明け以降に先送りした格好で、党内からは「お盆前後にまた集中豪雨災害でもあれば、『蜩(ひぐらし)が鳴き止む頃』なんて言い出しかねない」(岸田派若手)との嘆声も広がる。

次ページ注目の岸田氏は「お盆前の首相との会談」を模索
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
株主総会で賛成率が急落<br>機関投資家が物言う株主に

低支持率の役員167名を実名公開!低出席率、低ROEなどを理由に、機関投資家は役員選任議案に反対票を投じ始めた。「物言わぬ株主」といわれた機関投資家が変貌した理由は?