大谷翔平の打席で映えた「東京西川」の着眼点

選手のコンディション調整に深く関わる存在

「大谷選手とはファイターズ時代から契約はしていたものの、世間的には大谷選手と東京西川のイメージがあまり結び付いていませんでした。当社は自動車メーカーや大手飲料メーカーのように莫大な広告料は投下できないので、消費者の方々に認知していただくまでにはなかなか至らない。

しかし、日本が誇るトップアスリートが世界に羽ばたくのを当社がサポートしていることは、日本の皆さんにもぜひ知ってほしかった。そういうわけで、大谷選手のメジャーデビュー時の試合に、漢字の社名入り広告を日本の中継向けに出稿したのです」

大谷選手がメジャーリーグで活躍して以降、「エンゼルスのチームメートがエアーのマットレスに興味を持っている」との連絡を大谷選手サイドから受け、現地までマットレスを送ったこともあるそうだ。しかし、同社が最も大事だと考えているのは、大谷選手のチームメートに対してセールスを行うことではなく、「眠りの重要性」を世界に広めることだという。

「大谷選手のようなトップ選手が『眠りは大事だ』と語ってくれれば、近くにいる選手はもちろん、国内外で野球をやっているあらゆる層の選手、そしてプロを目指して頑張っている他競技の選手など、多くの人に響きます。それはまさに、数字では決して測れない価値。そして、トップ選手が語る言葉は“リアル”そのもの。その信頼性に、スポーツならではの価値があると感じています」

選手が低迷したときこそ眠りを通じてサポートしたい

アスリートとパートナーシップを組むことには、ケガや敗戦などによるリスクもつねに付きまとう。現に今シーズン、テレビCMの放映が始まるタイミングで大谷選手はケガによって離脱してしまった。それに対してはどう考えているのだろうか。

「確かにアスリートには予測できないことが起こりますが、われわれはむしろ活躍しているときより選手が低迷したときにサポートしたいという考えなんです。もちろん、プロアスリートである以上は活躍していることも大事ですが、それよりもどれだけ本気で夢を追いかけているか、そして、どれだけその夢をわれわれと共有してくれるか。それが第一です。

それに、睡眠は一生のことなので長くサポートすることが基本ですから、今回のような一時的な離脱はまったく痛手ではありません」

次ページ一歩踏み込んだパートナーシップ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT