中国「滴滴出行」、日本でタクシー配車展開へ

ソフトバンクと組んで日本に進出

 7月19日、ソフトバンクと中国配車サービス大手の滴滴出行は、日本でタクシー配車プラットフォームの提供を今年秋から始めると発表した。会見したソフトバンクの宮内社長(左から2人目)ら両社の関係者(2018年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 19日 ロイター] - ソフトバンクと中国配車サービス大手の滴滴出行(Didi Chuxing)は19日、日本でタクシー配車プラットフォームの提供を今年秋から始めると発表した。大阪を皮切りに、京都、福岡など全国の主要都市で順次サービスを展開していく。

6月に折半出資で「DiDiモビリティジャパン」を設立した。配車サービスにはDiDiの人工知能(AI)とデータ分析技術を活用、プラットフォームはすべてのタクシー事業者が利用できる。

会見したソフトバンクの宮内謙社長は「タクシー会社とうまくやっていければいい」と話した。

(志田義寧)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT