中国「滴滴出行」、日本でタクシー配車展開へ

ソフトバンクと組んで日本に進出

 7月19日、ソフトバンクと中国配車サービス大手の滴滴出行は、日本でタクシー配車プラットフォームの提供を今年秋から始めると発表した。会見したソフトバンクの宮内社長(左から2人目)ら両社の関係者(2018年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 19日 ロイター] - ソフトバンクと中国配車サービス大手の滴滴出行(Didi Chuxing)は19日、日本でタクシー配車プラットフォームの提供を今年秋から始めると発表した。大阪を皮切りに、京都、福岡など全国の主要都市で順次サービスを展開していく。

6月に折半出資で「DiDiモビリティジャパン」を設立した。配車サービスにはDiDiの人工知能(AI)とデータ分析技術を活用、プラットフォームはすべてのタクシー事業者が利用できる。

会見したソフトバンクの宮内謙社長は「タクシー会社とうまくやっていければいい」と話した。

(志田義寧)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。