米アップル「iPadAir」高評価

アプリの多さなど魅力、一方で割高との指摘も

10月30日、米アップルの「iPadAir(アイパッド・エア)」について、複数のIT製品評論家は大きな改善と評価する一方、他社製品よりも割高と指摘。写真はシラー上級副社長。22日撮影(2013年 ロイター/Robert Galbraith)

[30日 ロイター] - 米アップルが22日発表したiPadAir(アイパッド・エア)について、複数のIT製品評論家は大きな改善と評価する一方、他社製品よりも割高と指摘した。

米ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙で製品レビューを行うウォルト・モスバーグ氏は、アイパッド・エアは今までレビューを行ったなかで一番のタブレット端末だと評価。「単に薄くて軽いというだけでなく、アップルが47万5000ものアプリをタブレットで使えるよう最適化しており、これは、他社のタブレットプラットフォームよりもはるかに多い」と指摘した。

ニューヨーク・タイムズ紙のデイモン・ダーリン氏も、Wi-Fiアンテナを2本搭載することで、Wi-Fiパフォーマンスが向上している点を評価。

また、ヤフーサイトの製品レビューを担当するデービッド・ポーグ氏も、アイパッドの買い替えや初めてタブレット端末の購入を検討している人には素晴らしい製品、と指摘する。

ただ、3人ともアイパッドが競合他社の製品よりも割高だと指摘している。

ダーリン氏は「アイパッドの前モデルを既に持っているのにアイパッドエアに500ドル以上も使う必要があるだろうか」とし、新製品は確かに改善されたが、「革命的な」改善とは言えない、との見方を示した。

アマゾンの8.9インチタブレット、キンドル・ファイアHDXの価格は379ドル。マイクロソフトのサーフェス2の最低価格は449ドル。サムスン電子<005930.KS>の10.1インチのギャラクシー・タブ3の小売り希望価格は400ドルとなっている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT