マララさん「親子引き離しは残酷で不当だ」

米国における不法移民の親子引き離しを非難

 7月11日、ノーベル平和賞受賞者のマララ・ユスフザイさんが、不法移民の子どもを親から引き離すトランプ米大統領の政策を「残酷」と非難した。女子教育促進活動のため南米を訪れた際に述べた(2018年 ロイター/Ricardo Moraes)

[リオデジャネイロ 11日 ロイター] - ノーベル平和賞受賞者のマララ・ユスフザイさんが、不法移民の子どもを親から引き離すトランプ米大統領の政策を「残酷」と非難した。女子教育促進活動のため南米を訪れた際に述べた。

5月初めにトランプ大統領が導入した移民に対する「不寛容政策」下では、2300人以上の子どもが親から引き離された。大統領は世論の反発や訴訟を受け、先月に引き離しを中止した。

マララさんはロイターに、「これは残酷で、不当で、非人道的だ。どうやってこんなことができるのか分からない。子どもたちが親と会えるよう願っている」と語った。

今年の世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)でマララさんは、女性の人権に関するトランプ大統領のこれまでの対応に疑問を表明している。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT