マララさん「親子引き離しは残酷で不当だ」

米国における不法移民の親子引き離しを非難

 7月11日、ノーベル平和賞受賞者のマララ・ユスフザイさんが、不法移民の子どもを親から引き離すトランプ米大統領の政策を「残酷」と非難した。女子教育促進活動のため南米を訪れた際に述べた(2018年 ロイター/Ricardo Moraes)

[リオデジャネイロ 11日 ロイター] - ノーベル平和賞受賞者のマララ・ユスフザイさんが、不法移民の子どもを親から引き離すトランプ米大統領の政策を「残酷」と非難した。女子教育促進活動のため南米を訪れた際に述べた。

5月初めにトランプ大統領が導入した移民に対する「不寛容政策」下では、2300人以上の子どもが親から引き離された。大統領は世論の反発や訴訟を受け、先月に引き離しを中止した。

マララさんはロイターに、「これは残酷で、不当で、非人道的だ。どうやってこんなことができるのか分からない。子どもたちが親と会えるよう願っている」と語った。

今年の世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)でマララさんは、女性の人権に関するトランプ大統領のこれまでの対応に疑問を表明している。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • 住みよさランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
崖っぷちに立つ大塚家具<br>久美子社長ロングインタビュー

父と娘が繰り広げた「お家騒動」の末、業績は悪化の一途。人材流出も止まらない。ファンドからの出資を得たが、運転資金は風前の灯だ。背水の陣を敷く大塚久美子社長の胸中やいかに。4ページのインタビューで、その強固な「信念」が語られる。