マララさん「親子引き離しは残酷で不当だ」

米国における不法移民の親子引き離しを非難

 7月11日、ノーベル平和賞受賞者のマララ・ユスフザイさんが、不法移民の子どもを親から引き離すトランプ米大統領の政策を「残酷」と非難した。女子教育促進活動のため南米を訪れた際に述べた(2018年 ロイター/Ricardo Moraes)

[リオデジャネイロ 11日 ロイター] - ノーベル平和賞受賞者のマララ・ユスフザイさんが、不法移民の子どもを親から引き離すトランプ米大統領の政策を「残酷」と非難した。女子教育促進活動のため南米を訪れた際に述べた。

5月初めにトランプ大統領が導入した移民に対する「不寛容政策」下では、2300人以上の子どもが親から引き離された。大統領は世論の反発や訴訟を受け、先月に引き離しを中止した。

マララさんはロイターに、「これは残酷で、不当で、非人道的だ。どうやってこんなことができるのか分からない。子どもたちが親と会えるよう願っている」と語った。

今年の世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)でマララさんは、女性の人権に関するトランプ大統領のこれまでの対応に疑問を表明している。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。