これから若い会社員は「トラリーマン」になれ

日経225銘柄の8割は「GG企業」かもしれない

「『虎になれ』と言われても、自分には難しい。起業なんてとんでもないし、トラリーマンになれるほど、周りを納得させるだけの実績もない」とおっしゃる方もいるでしょう。実際には恐らく、そう思っている自信のない人が大部分だと思います。

正々堂々とチャレンジする若者を応援する

そういう人に対して、私は「ネコリーマンという生き方もある」と進言します。

『さらば、GG資本主義 投資家が日本の未来を信じている理由』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

虎は、周囲の人たちが自分の存在感を認めざるをえない、圧倒的なパフォーマンスを上げる必要がありますが、ネコリーマンは、そこまで目立たなくても大丈夫です。

会社に所属し、生活のためにそのインフラは活用するものの、決して社畜にならず、自分の人生を自分でデザインする生き方です。たとえば「会社は、あくまでも自分の生活を安定させるためのセーフティネット」と割り切り、そこでは出世しなくても自分の得意技を活かした副業で、より豊かな生活を手にする、といった生き方はネコリーマンの代表的なライフスタイルといってもいいでしょう。

さて、虎として台頭する若者に対して、GG資本主義の中核を成すGGたちはどうすればいいのでしょうか。

「俺たちはまだ働ける。なんといっても人生100年時代。高齢者だって働く権利はあるはずだ」という声が聞こえてきそうです。

それならば、まずは同じ土俵で正々堂々と実力で、若者と戦いましょう。そして仕事の成果で勝負するのです。より良い結果が出せるなら、GGも若者も関係ありません。

私自身も、今の会社では社長とともにCIO(最高投資責任者)を兼任していますが、これからも若者たちに負けない成績を出し続けられるように全力を尽くしていきます。もしもそれが叶わなくなったとしたら「引き際の覚悟」も持っています。

もう一つ、年長者の大切な役割は「応援する」ということです。若者はしがらみもなく失敗体験もないので、自由な発想でさまざまなことに取り組むことができる。GGはそのチャレンジに共感するならば、資金なり人脈なり経験なりで支援すればいいのです。私もたくさんの先輩に助けられてきました。これからは若い世代にその恩を送っていきたいと考えています。

そうやってお互いに刺激を与えあっていくことで、多様性のある社会が築かれていくのだと思います。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
保険の罠<br>いらない商品すべて教えます

医療保険、がん保険、介護保険、認知症保険、終身保険、貯蓄性保険、外貨建て保険、変額保険…。あなたは不要な生命保険に入りすぎていないか? 長い人生を考えたとき、役立つのは実は保険より貯蓄。ムダな保険の断捨離の仕方を教えます。