首相、水害対応優先で欧州・中東訪問取りやめ

復旧などの対応を優先すべきと判断

 7月9日、安倍晋三首相は、11日から予定されていた欧州・中東4カ国訪問の取りやめを決めた。西日本豪雨による被害が甚大となり、復旧などの対応を優先すべきと判断した。写真は首相官邸で会見する同首相。6月に東京で撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)

[東京 9日 ロイター] - 安倍晋三首相は、11日から予定されていた欧州・中東4カ国訪問の取りやめを決めた。与党関係者が明らかにした。当初は外交成果を9月の自民党総裁選につなげる狙いもあったが、西日本豪雨による被害が甚大となり、復旧などの対応を優先すべきと判断した。

安倍首相は11日からベルギー、フランス、サウジアラビア、エジプトを訪問し、フランスではマクロン大統領との首脳会談や革命記念日パレードへの参加を予定していた。

(竹本能文)

関連記事
トピックボードAD
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
転機のLCC ピーチが仕掛けるアジア大競争

日本初のLCC(格安航空会社)、ピーチ。国際線は台湾・韓国への短距離路線が中心だったが、中距離路線に参戦。東南アジア全域を狙う。拠点・関空は台風で混乱。新戦国時代に突入。