誰も知らなかった「天草エアライン」の凄み

「島のエアライン」を書いた黒木亮氏に聞く

──たしか飛行機オタクでは。

飛行機にはよく乗る。3000回近くは乗ったか。飛行時間にして1万5000時間ぐらい。大手航空会社の機長と肩を並べると言っていいかもしれない。

金融マン時代に中東・アフリカを担当していた。その国で商売できるとしても、リスクが高すぎ、担保を取るしかない。それも動かせる担保の船か飛行機。船は価格変動がものすごいので担保として当てにならない。エジプト航空やサウジアラビア航空、それに北アフリカに本拠地がある航空会社がもっぱらだった。そのファイナンスで動きまくってもいた。

島のエアライン 上
『島のエアライン』上・下(黒木 亮 著/毎日新聞出版/各1500円+税/上325ページ/下334ページ)書影をクリックすると上巻のアマゾンのサイトにジャンプします

──操縦士と管制官との会話の描写も詳細です。

会話の内容はほとんどわからないものの最たるものだ。だから現役の管制官を紹介してもらって詳しく教えてもらった。プロ同士の会話で全面的な添削が必要だった。航空管制の用語は省略だらけだが、本人同士がわかりやすく直してくれたので、管制の場面はプロに遜色ない応答になっている。

つくづく感じたのは、飛行機を飛ばすのは本当に全当事者が大変だということだ。それを素人の熊本県と天草市がやっている。苦労は計り知れない。

──メールを重宝しています。

並行して3~4作を執筆している。年に3回ぐらい帰国して直接取材する一方、ロンドンなど海外にいてもインターネットとメールと電話で取材する。むしろそのほうが効率がいい。いきなりの取材では相手からの確かな答えは難しい。だが、メールで聞くと、思い出しながら詳しく書いてくれる。

おそらく今回はメールで3000通ぐらいはやり取りした。天草弁のなまりとはどういうものかも、音声データを添付したメールで確認できた。

人は見た目が9割、小説はラストが8割

──小説として大団円に成功?

使用機体の初代みぞか号の「第二の人生」を追いかけ、アブマックスというカナダのリース会社に突き当たった。ここでもメールが活躍した。詳細は本書を読んでほしい。天草エアラインという組織の物語であると同時に、ダッシュ8という飛行機の物語でもある。ダッシュ8の第二の人生で締めれば鮮烈な印象が残るのではないかと、ことさら工夫した。

人は見た目が9割といわれるが、小説はラストが8割。ラストが決まらないと、いくらいい話を書いても評価されないのがこれまでの経験だ。ラストをどうするか、1年ぐらい前から考えていた。

(聞き手・本誌:塚田紀史)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT