イオン、ウナギの代替で豚バラ肉を売る事情

小売り大手が挑む「資源保護」の取り組みとは

イオンは豚バラ肉やナマズを使用したかば焼き商品の販売に力を入れている(写真:イオン)

GMS(総合スーパー)や食品スーパーの店頭では、7月20日と8月1日の「土用の丑(うし)の日」に向けて、ウナギの販売が本格化している。今年の特徴は、“ウナギ以外”のかば焼き商品が一段と増えていることだ。

GMS最大手のイオンは、ナマズや骨取りサバ、そして豚バラ肉を使用したかば焼きをウナギの代替商品として投入した。これらの一部は昨年からNB(ナショナルブランド)で販売していたが、今年は主にPB(プライベートブランド)の「トップバリュ」として開発し、本格的に展開している。

完全養殖が確立していないウナギ

こうしたウナギの代替商品は需要が増加傾向にあり、イオンでは昨年の関連商品売り上げが、前年比2ケタ増だった。イオンリテールの松本金蔵・水産商品部長は「(今年も)同程度の伸びを目指す」と意気込む。都内のあるイオン店舗の食品売り場で骨取りサバのかば焼きの試食販売を行っていた女性スタッフは、「新しい味や食感を楽しめるので、『食卓の献立バリエーションが増えますよ』と顧客に提案している」と話す。

セブン&アイ・ホールディングス傘下のイトーヨーカ堂も、サンマや豚肉、イワシといった代替商品を特設コーナーで積極的に展開。埼玉を地盤とする食品スーパーのヤオコーも、昨年からアナゴやサンマのかば焼きを販売していたが、今年はサバの照り焼きを代替品として新たにラインナップに加えた。「ウナギが苦手な顧客もいる。加えて、最近は代替需要が増えているので、そういったニーズに今後も対応していきたい」(ヤオコーの広報担当者)。

スーパー各社がウナギ代替商品の品ぞろえを強化する背景には、ウナギの生産量が急減している事情がある。

ウナギは生態がほとんど解明されておらず、卵を産ませて育てるといった完全養殖による量産方法が確立されていない。そのため、毎年冬から春にかけて稚魚であるシラスウナギを捕獲して成魚に育てるしかない。日本で生産されるほとんどがニホンウナギという種で、90%以上が養殖物だ。

次ページ危機的状況のウナギ販売
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT