「2点先取されて逆転勝ち」は48年ぶりだった

「赤い悪魔」ベルギーは死闘の末、ベスト8へ

2点差に突き放した乾のゴールシーン(写真:ロイター)

[ロストフ・ナ・ドヌ(ロイター) ]- FIFAワールドカップの準々決勝に進出するために必死の戦いを演じたベルギーは、7月2日、選手交代したナセル・シャドリが、最後の最後に得点を挙げて3対2で逆転勝ち。5回の優勝経験を持つブラジルと対戦することとなった。

セカンドハーフの早い段階で原口元気と乾貴士の決めたゴールで2対0でリードしていた日本チームの選手たちは、ロスタイム4分のところで、トマス・メウニエルからのクロスをシャドリがゴールすると、取り乱してロストフ・アリーナのグラウンドに倒れ込んでしまった。

手堅いアプローチで試合に臨んでいたベルギーチームは、シャドリがゴールを決める前に、ヤン・フェルトンゲン、そして選手交代したマルアン・フェライニが試合後半で得点すると、戦い方が激しさを増した。

2点先制されて逆転勝ちしたのは1970年以来

「ワールドカップでは、こういうことが起こるんだ。人間性が試され、チームが試される。このチームの選手たちのことは、この試合が全てを語っているよ」とベルギー代表チームのロベルト・マルティネス監督は語った。

決勝トーナメントで最も期待されるチームの一つだったベルギーだが、惨めな敗退を目前にしていた。しかし、ついに調子を取り戻して、1970年にロスタイムでドイツがイングランドを3対2で破って以来、ワールドカップで2得点を許しながら逆転勝ちを収めるチームとなったのである。

次ページこれまでに12ゴールを決めた
関連記事
トピックボードAD
  • 北朝鮮ニュース
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
買って良い街 悪い街

家は人生最大の買い物。購入後の大幅値下がりは後悔のもと。3大都市圏の割安な駅ランキング、519市区の「街の偏差値」を掲載。住宅情報誌ではわからない、後悔しない住まい選び。