「2点先取されて逆転勝ち」は48年ぶりだった

「赤い悪魔」ベルギーは死闘の末、ベスト8へ

2点差に突き放した乾のゴールシーン(写真:ロイター)

[ロストフ・ナ・ドヌ(ロイター) ]- FIFAワールドカップの準々決勝に進出するために必死の戦いを演じたベルギーは、7月2日、選手交代したナセル・シャドリが、最後の最後に得点を挙げて3対2で逆転勝ち。5回の優勝経験を持つブラジルと対戦することとなった。

セカンドハーフの早い段階で原口元気と乾貴士の決めたゴールで2対0でリードしていた日本チームの選手たちは、ロスタイム4分のところで、トマス・メウニエルからのクロスをシャドリがゴールすると、取り乱してロストフ・アリーナのグラウンドに倒れ込んでしまった。

手堅いアプローチで試合に臨んでいたベルギーチームは、シャドリがゴールを決める前に、ヤン・フェルトンゲン、そして選手交代したマルアン・フェライニが試合後半で得点すると、戦い方が激しさを増した。

2点先制されて逆転勝ちしたのは1970年以来

「ワールドカップでは、こういうことが起こるんだ。人間性が試され、チームが試される。このチームの選手たちのことは、この試合が全てを語っているよ」とベルギー代表チームのロベルト・マルティネス監督は語った。

決勝トーナメントで最も期待されるチームの一つだったベルギーだが、惨めな敗退を目前にしていた。しかし、ついに調子を取り戻して、1970年にロスタイムでドイツがイングランドを3対2で破って以来、ワールドカップで2得点を許しながら逆転勝ちを収めるチームとなったのである。

次ページこれまでに12ゴールを決めた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 買わない生活
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT