「2点先取されて逆転勝ち」は48年ぶりだった

「赤い悪魔」ベルギーは死闘の末、ベスト8へ

その数時間前に2対0でメキシコを破っていたブラジルとの、よだれの出るような8強の激突に先立ち、ベルギーの「黄金世代」はロシアでの4試合で、これまで12ゴールを決めている。

センターバックのヴァンサン・コンパニが練習試合で鼠蹊部を痛めて以来、初めてスターティングメンバーに復帰したことで、ベルギーの守りは危なげなく見えたが、攻撃に関しては不安が残っていた。

フォワードでは動きが少なかった

どちらのチームも、ミッドフィールドでは激しい戦いを繰り広げたが、フォワードでは動きが少なく、ベルギー代表のワイドポジションを務めるメウニエルそしてヤニック・カラスコは、あえて危険を冒してまで前に出て行こうとはしていなかった。3-4-3のフォーメーションを、より保守的な5-2-3のシステムに、事実上変えていたのだ。

FWルカクには思い通りの仕事をさせなかった(写真:ロイター)

退屈な前半戦中、ベルギーのゴールキーパー、ティボー・クルトワが手を滑らせてボールを放して足の間に落とし、ゴールラインを超える直前に取り戻した時点で、日本はもっともゴールに近づいていた。

それでもブレイクの後は日本チームがリードしていた。原口がオフサイドトラップを突破して、48分の時点でクルトワを倒してクロスからのシュートを決めたのだ。

次ページ「赤い悪魔」は苦闘
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人生100年時代の稼ぐ力<br>副業・資格で定年後も長く働こう

人員削減や年金不足問題など、将来収入への不安は募るばかり。会社に依存するのではなく、副業や資格を持つことで長く働くすべを身に付けよう。需要がグンと高まる資格、60代からでも食える仕事など、実践的な情報を満載。