「2点先取されて逆転勝ち」は48年ぶりだった

「赤い悪魔」ベルギーは死闘の末、ベスト8へ

その数時間前に2対0でメキシコを破っていたブラジルとの、よだれの出るような8強の激突に先立ち、ベルギーの「黄金世代」はロシアでの4試合で、これまで12ゴールを決めている。

センターバックのヴァンサン・コンパニが練習試合で鼠蹊部を痛めて以来、初めてスターティングメンバーに復帰したことで、ベルギーの守りは危なげなく見えたが、攻撃に関しては不安が残っていた。

フォワードでは動きが少なかった

どちらのチームも、ミッドフィールドでは激しい戦いを繰り広げたが、フォワードでは動きが少なく、ベルギー代表のワイドポジションを務めるメウニエルそしてヤニック・カラスコは、あえて危険を冒してまで前に出て行こうとはしていなかった。3-4-3のフォーメーションを、より保守的な5-2-3のシステムに、事実上変えていたのだ。

FWルカクには思い通りの仕事をさせなかった(写真:ロイター)

退屈な前半戦中、ベルギーのゴールキーパー、ティボー・クルトワが手を滑らせてボールを放して足の間に落とし、ゴールラインを超える直前に取り戻した時点で、日本はもっともゴールに近づいていた。

それでもブレイクの後は日本チームがリードしていた。原口がオフサイドトラップを突破して、48分の時点でクルトワを倒してクロスからのシュートを決めたのだ。

次ページ「赤い悪魔」は苦闘
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • コロナ後を生き抜く
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。