「2点先取されて逆転勝ち」は48年ぶりだった

「赤い悪魔」ベルギーは死闘の末、ベスト8へ

その数時間前に2対0でメキシコを破っていたブラジルとの、よだれの出るような8強の激突に先立ち、ベルギーの「黄金世代」はロシアでの4試合で、これまで12ゴールを決めている。

センターバックのヴァンサン・コンパニが練習試合で鼠蹊部を痛めて以来、初めてスターティングメンバーに復帰したことで、ベルギーの守りは危なげなく見えたが、攻撃に関しては不安が残っていた。

フォワードでは動きが少なかった

どちらのチームも、ミッドフィールドでは激しい戦いを繰り広げたが、フォワードでは動きが少なく、ベルギー代表のワイドポジションを務めるメウニエルそしてヤニック・カラスコは、あえて危険を冒してまで前に出て行こうとはしていなかった。3-4-3のフォーメーションを、より保守的な5-2-3のシステムに、事実上変えていたのだ。

FWルカクには思い通りの仕事をさせなかった(写真:ロイター)

退屈な前半戦中、ベルギーのゴールキーパー、ティボー・クルトワが手を滑らせてボールを放して足の間に落とし、ゴールラインを超える直前に取り戻した時点で、日本はもっともゴールに近づいていた。

それでもブレイクの後は日本チームがリードしていた。原口がオフサイドトラップを突破して、48分の時点でクルトワを倒してクロスからのシュートを決めたのだ。

次ページ「赤い悪魔」は苦闘
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT