「2点先取されて逆転勝ち」は48年ぶりだった

「赤い悪魔」ベルギーは死闘の末、ベスト8へ

ベルギーは反撃したが、アザールのシュートはゴールポストに当たり、52分に25メートルの地点で乾がボールを拾い、ゴールにミサイルのようにゴールにたたき込むと、日本チームの得点は2倍になった。

「赤い悪魔」は苦闘を続けていたが、フェルトンゲンのヘディングシュートが見事にクリアしてゴール右側に決まり、69分の時点で得点を取り戻した。

試合の流れが変わり、74分のところでエデン・アザールのクロスをフェライニが見事に受け、力強いヘディング・シュートを至近距離から決めた。

川島は見事にシュートを止めていた

ベルギーの猛攻は続き、シャドリ、ルカク両名が日本チームのゴールキーパー、川島永嗣を力強いヘディングシュートで追い詰めたが、フルタイム終了4分前の時点で、川島は2度とも見事にセーブしていた。

ファインセーブを連発したGK川島(写真:ロイター)

ロスタイム、本田圭佑の30メートルのフリーキックはクルトワに阻まれた。そしてクルトワはボールをケヴィン・デ・ブライネにパスし、ブライネはフィールドを一直線に疾走するとメウニエルにボールをパス。メウニエルのクロスをシャドルが受け取って、決勝ゴールを決めた。

(記事:ジュリエン・プレトー、編集::ケン・フェリス)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT