「2点先取されて逆転勝ち」は48年ぶりだった

「赤い悪魔」ベルギーは死闘の末、ベスト8へ

ベルギーは反撃したが、アザールのシュートはゴールポストに当たり、52分に25メートルの地点で乾がボールを拾い、ゴールにミサイルのようにゴールにたたき込むと、日本チームの得点は2倍になった。

「赤い悪魔」は苦闘を続けていたが、フェルトンゲンのヘディングシュートが見事にクリアしてゴール右側に決まり、69分の時点で得点を取り戻した。

試合の流れが変わり、74分のところでエデン・アザールのクロスをフェライニが見事に受け、力強いヘディング・シュートを至近距離から決めた。

川島は見事にシュートを止めていた

ベルギーの猛攻は続き、シャドリ、ルカク両名が日本チームのゴールキーパー、川島永嗣を力強いヘディングシュートで追い詰めたが、フルタイム終了4分前の時点で、川島は2度とも見事にセーブしていた。

ファインセーブを連発したGK川島(写真:ロイター)

ロスタイム、本田圭佑の30メートルのフリーキックはクルトワに阻まれた。そしてクルトワはボールをケヴィン・デ・ブライネにパスし、ブライネはフィールドを一直線に疾走するとメウニエルにボールをパス。メウニエルのクロスをシャドルが受け取って、決勝ゴールを決めた。

(記事:ジュリエン・プレトー、編集::ケン・フェリス)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。