サイゼリヤが「マリアーノ」に力を入れるワケ

最強外食チェーンはオフィス街を狙っている

「スパゲッティ マリアーノ」の外観(写真:「商業界オンライン」編集部)

株式会社サイゼリヤの新業態「スパゲッティ マリアーノ」が立て続けにオープンしている。マリアーノはファストフード型のパスタ専門店。

当記事は「商業界ONLINE」にて公開した記事の転載です。元記事はこちら

7月上旬にリニューアルオープン予定の茅場町店を含み、既に5店舗を展開。特に2017年7月の3号店(末広町店)、今年3月、4月にもそれぞれ1店舗をオープンさせるなど急展開の出店を進める。

先の茅場町店はマリアーノ1号店として2012年にオープンしたもの。当時からパスタ、ドリンクメニュー中心に構成されたファストフード型の店舗であったが、店内の雰囲気もサイゼリヤの縮小版であった。

その後2016年にリニューアル、パスタメニューのバリエーションを増やし、店内もカフェスタイルのテーブル配置を取り入れ、女性客も入りやすいレイアウトになった。今回、2度目のリニューアルとなる。

3年間の店舗純増はわずか50店強

サイゼリヤはカジュアルイタリアンのコンセプトで国内1079店(2018年5月時点)を展開する。マクドナルドやすき家などのカウンターサービス主体のファストフードチェーンでは2000店舗を超える例もあるが、テーブルサービス形式の場合、単一のブランドでの店舗数ではガスト(1366店舗*2018年4月時点)に次ぐ。

とはいえ、出退店による差し引きがあるにせよ3年前(1025店舗*2015年8月末)から50店強の純増にとどまる。

次ページ3期連続で増収増益
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT