サイゼリヤが「マリアーノ」に力を入れるワケ

最強外食チェーンはオフィス街を狙っている

「スパゲッティ マリアーノ」の外観(写真:「商業界オンライン」編集部)

株式会社サイゼリヤの新業態「スパゲッティ マリアーノ」が立て続けにオープンしている。マリアーノはファストフード型のパスタ専門店。

当記事は「商業界ONLINE」にて公開した記事の転載です。元記事はこちら

7月上旬にリニューアルオープン予定の茅場町店を含み、既に5店舗を展開。特に2017年7月の3号店(末広町店)、今年3月、4月にもそれぞれ1店舗をオープンさせるなど急展開の出店を進める。

先の茅場町店はマリアーノ1号店として2012年にオープンしたもの。当時からパスタ、ドリンクメニュー中心に構成されたファストフード型の店舗であったが、店内の雰囲気もサイゼリヤの縮小版であった。

その後2016年にリニューアル、パスタメニューのバリエーションを増やし、店内もカフェスタイルのテーブル配置を取り入れ、女性客も入りやすいレイアウトになった。今回、2度目のリニューアルとなる。

3年間の店舗純増はわずか50店強

サイゼリヤはカジュアルイタリアンのコンセプトで国内1079店(2018年5月時点)を展開する。マクドナルドやすき家などのカウンターサービス主体のファストフードチェーンでは2000店舗を超える例もあるが、テーブルサービス形式の場合、単一のブランドでの店舗数ではガスト(1366店舗*2018年4月時点)に次ぐ。

とはいえ、出退店による差し引きがあるにせよ3年前(1025店舗*2015年8月末)から50店強の純増にとどまる。

次ページ3期連続で増収増益
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。