”雑草集団”を大学日本一に鍛え上げた男

上武大学・谷口監督のあえて差をつける指導法

「自分は絶対にできる」と思わせる

表舞台で輝く者がいれば、裏で支える人材も欠かせない。表裏一体となって、初めて組織は成功に向かうことができる。

春の全日本大学野球選手権でチームを救ったのは、4年間を控え選手としてすごしてきた清水和馬だった。今春のリーグ戦で打席に立ったのは、わずか1打席。だが全国大会の準決勝前日、グラウンドで最後まで汗を流している姿を見て、谷口は「こいつだ」と勝負どころで起用することを決める。清水は裏方としてチームを支えてきた一方、自身の練習でも手を抜かず、谷口は「絶対にお前をベンチメンバーから外さない」とチームの前で話すほどの選手だった。

迎えた準決勝の明治大戦で1点を追いかける7回、代打の清水にバントを命じると、大会初打席だったにもかかわらず、見事に成功させた。難しい場面で冷静に仕事を果たしたことを評価し、亜細亜大との決勝ではさらにプレッシャーのかかる局面で起用する。1点リードされた6回、1死満塁で代打に送ると、逆転満塁本塁打でチームを優勝に導いた。

普通なら緊張でカチカチになるような場面だが、谷口は「清水ならやってくれる」という確信を抱いていた。その裏には、こんな根拠がある。

「練習をやり込んだ子でなければ、試合で感情をコントロールできない。裏付けがないと、失敗ばかり考えてしまう。ミスしてバットを投げつけたり、怒る子もいるでしょ? その感情をいかに押し殺し、『自分は絶対にできる』と思えるか。いわゆるゾーンと言われるところに、いかに自分を持っていけるかだと思う」

全員にリーダシップを持たせる

横田や清水は成功例だが、最後まで陽の目を浴びない選手も少なくない。上武大学ではそうした選手たちがなぜ、自分の欲望を押し殺し、チームのサポート役に徹しようとするのか。

「そういう子には例えば、トレーニングの知識を学ばせて、1、2年生の面倒を見させている。ベンチに入れるのは25人だけど、それ以外の選手にも役割がある。それぞれの目標を達成していけば、腐ることはない。野球が下手なら、他のことでリーダーシップを取らせてやればいい。リーダーシップを取る上では、人間性よりも専門知識が大事。目標をクリアーする過程で、誰もが自信をつけていく。春の優勝は、全員にリーダーシップを持たせるやり方が上手くいったからだと思う」

世の摂理で、人間の能力には差異がある。だからこそ、社会には“格差”が生まれるのだ。

だが、陽の当たる道で生きる者がいれば、裏方として能力を発揮する者もいる。人材をマネージメントする側にとって、大事なのはその見極めだ。

谷口が各選手に生きる場所を用意したからこそ、上武大学は初めての栄冠に輝くことができたのだろう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ルポ「ホームレス」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。